AGA遺伝子検査の費用やその信憑性について

AGA遺伝子検査の費用やその信憑性について

AGA遺伝子検査の方法とその信憑性について

AGAを発症するリスクが高い体質か否かはAGA遺伝子検査で推測することが可能と言われていますが、その信憑性については疑問の声もあります。

ここでは一般的なAGA遺伝子検査の仕方やその信憑性について解説しています。

遺伝子検査とは

遺伝子検査とは、遺伝子(DNA)の持つ情報を解析することで、生まれ持った病気のリスクや体質など遺伝的傾向を知る検査です。DNA検査と呼ぶこともあります。

その人の遺伝子情報を調べてこれまでに収集している遺伝子情報と比較することで、様々な病気のリスクの予測や体質を知ることが可能です。

特にがんや糖尿病などの生活習慣病から感染症などの免疫耐性なども遺伝が大きく関係しているため、遺伝子検査によって自分の体質(傾向)を知ることで、効率的に自分に適した対策を講じることが可能になります。

テレビなどでは、本人の特定、親子鑑定などなどで利用されることを目にした方も多いと思いますが、近年では、才能に関する遺伝子、肥満に関する遺伝子、AGAに関する遺伝子などを調査して、子供の進路、ダイエット、薄毛治療に役立てるといった活用のされ方も流行ってきています。

遺伝子情報は、一生涯変化しないため1度検査しておけば一生有効です。

AGA遺伝子検査の方法

AGA遺伝子検査の方法には、クリニックで血液を採取する方法のほか、毛髪や血液、唾液や口腔内の粘膜組織を採取するなどの方法があります。

特に唾液や口腔内の粘膜組織を採取する方法は、わざわざ検査機関に出向くことなく家庭で自分で簡単にできることから、インターネットでも簡単に申し込んで遺伝子検査ができるようになってきています。

最近では、アマゾンなどで検査キット購入し、自宅で頬の粘膜を採取し、検査機関に郵送するだけで簡単に行うことができる方法もあります。

以下は、ネットで申し込んで遺伝子検査をする場合の一般的な流れです。

唾液や口腔内の粘膜組織を採取

ネットでAGA遺伝子検査を申し込むと「検査キット」が送付されてきます。

検査キットには、同意書や説明書などが同封されていますので必ず目を通します。

中には、署名や捺印を行い検査キットと一緒に返送しなければならない書類もあります。

説明書に従って、唾液や口腔内の粘膜組織を採取します。

例えば、口腔内の粘膜組織を採取する場合は、綿棒が同梱されており、この場合は、口の中をよくすすいで、綿棒をほほの内側に強く押し当てながら擦り取って口内の細胞を採取します。

検査キットの返送

採取後は速やかに返送します。通常、返信用封筒が準備されています。

検査結果の到着とその内容

およそ2週間から1ヶ月ほどで検査結果が届きます。

AGA遺伝子検査の結果内容は「将来ハゲになります」といった断定的なものではありません。

遺伝子情報はあくまでも過去のデータと照らし合わせて「AGAを発症するリスクが高い」といった「傾向」の通知になります。

持って生まれた(遺伝子)体質でも、生まれ育った環境で病気などのリスクはかなり変わってきます。例えば、糖尿病のリスクが高い遺伝子を持った方でも規則正しい食生活を送っていれば糖尿病のリスクは少なくなりますし、逆に糖尿病のリスクが低い遺伝子を持った方でも偏った食生活を続けていると糖尿病のリスクは高くなります。

このため、遺伝子検査情報とは別に生活習慣などの質疑応答の情報を収集してトータルでリスクを解析するサイトもあります。

つまり遺伝子の情報と生活習慣の情報を収集してリスクを判定するやり方です。

AGA遺伝子検査の信憑性

AGAの発症と遺伝には密接な関係があると考えられています。

参考:薄毛と遺伝は関係があるか

 

そして、遺伝子情報の中にはAGA(男性型脱毛症)のリスクを推測できる情報があると考えられています。AGA遺伝子検査とは、AGAに関する遺伝子の検査です。

AGA遺伝子検査は、AGAになりやすい体質かどうか、また、現在薄毛が進行している人が、AGAによるものかどうかの判断材料として知ることでその後の効率的な予防や治療に役立てるために活用されるとされていますが、その信憑性については疑問の声もあります。

AGA遺伝子検査の内容

検査の内容は検査機関によっても変わってきますが、一般的にAGA遺伝子検査は、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の感受性を調べます。

アンドロゲンレセプターとは、AGAによる抜け毛・薄毛の元凶とされるDHT(ジヒドロテストステロン)と結合して脱毛指令を産出する機関です。

この感受性が強い人は、AGAのリスクが高くなると考えられていますのでこの遺伝子を分析するという訳です。

AGAの流れ
実際の遺伝子検査ではアンドロゲンレセプターの遺伝子でCAGとGGCという塩基配列が何回繰り返されているかそのリピート数を調べてAGAのリスクを判断します。

38回というリピート数を基準にそれより少なければAGAのリスクが高くなり、大きければそのリスクは低いとするものです。

AGA遺伝子検査の信憑性は

しかし、この目安が有効かどうかを示すエビデンス(根拠)は存在せず、研究でもAGAのリスクとCAG+GGCリピート数の間には相関関係は否定されています。

但し、CAGリピート数とフィナステリドの効果の関係性については、CAGリピート数が短いほど高いフィナステリドの治療効果が得られるとした論文は報告されていますので、AGA遺伝子検査の結果によってフィナステリドの処方などその後のAGA治療に役立てるということは有効かもしれません。

つまり、「AGAのリスク」と「CAGとGGCの繰り返し回数」には相関関係はないとの見方もあり、検査結果の信憑性については医師などの専門家によっても見解が分かれていますが、一方で、「フィナステリドが効くかどうか」と「CAGとGGCの繰り返し回数」との間では相関関係を肯定する見解があるということです。

遺伝子検査は体質や傾向がわかるだけ

遺伝子検査は、あくまでも体質や傾向が分かるのみです。遺伝子検査の信憑性うんぬんというのは別として、遺伝子検査の結果、リスクが高いからといって必ずしもAGAを発症して薄毛になる訳ではなく、逆にAGA遺伝子検査の結果、AGAのリスクが低いからといって薄毛にならないとも限りません。

これはAGA遺伝子検査にかかわらず、通常の遺伝子検査も同じです。

遺伝子情報上でAGAのリスクの低い人でも生活習慣や食習慣など後天的な要素で薄毛になる場合がありますし、逆に遺伝子情報上でAGAのリスクが高い人でもいつまでも髪がフサフサしている人もいます。

遺伝子検査でわかるその他の情報

その他にも、髪の毛に関する遺伝子検査の中には項目の一つとして円形脱毛症のリスクや髪の毛の太さに関する遺伝情報が検査できるものもあります。

AGA遺伝子検査の費用

遺伝子検査には、AGAに関する遺伝子検査のみならず様々な遺伝子検査がありますが、ネットで申し込む場合のAGA遺伝子検査の費用は、10,000円~20,000円前後が相場のようです。

病院で検査する場合は採決や毛髪を採取しての検査となりますが、この場合でも20,000円前後が相場かと思います。

通常、AGA遺伝子検査は、AGAクリニックなどでAGAのリスク判定のために実施されます。

AGA遺伝子検査の結果、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)の感受性が高いとみなされると、AGAのリスクが高いと判定され、AGA治療薬のフィナステリドを勧められることになります。

尚、女性の場合も女性版のAGA(FAGA:女性の男性型脱毛症)を発症する場合がありますのでAGA遺伝子検査を受けることができますが、女性の場合は、フィナステリドが使えませんので、クリニック独自の適切な処方がなされます。

関連記事

ここでは、フィナステリドの効果と副作用について解説します。フィナステリドとは?AGA(男性型脱毛症)治療薬の成分として認可されていることで有名なフィナステリドは、米国の医薬品メーカーであるメルク社が開発した抗アンドロゲン剤([…]