ハーブガーデンシャンプーの特徴と口コミ、成分評価

ハーブガーデンシャンプーの特徴と口コミ、成分評価

ハーブガーデンシャンプーは、天然由来成分100%で作った女性用のボタニカルシャンプーです。

頭皮と髪に優しい天然由来の洗浄剤のみを使用し、香料や防腐剤までも天然成分から作り出しています。

植物の力(ボタニカル)を活かしたシャンプーであるにも関わらず、優れたコストパフォーマンスを実現しているところから女性用の育毛シャンプーランキングでも上位にランキングされています。

ブームになって流行り廃れる商品ではなく、人と地球に優しく、かつ使用感や効果性にもこだわった究極のシャンプーです。ノンシリコンで天然由来成分100%のコンディショナーとのセットも用意しています。

ハーブガーデンシャンプーの特徴

ハーブガーデンシャンプーの特徴は天然由来成分100%シャンプーであることに加え、
・アミノ酸系の洗浄成分を使用している点
・シャンプーのベースとなる水に精製水を使用している点
にあります。

アミノ酸系ノンシリコンシャンプー

通常のシャンプーは水と洗浄成分(界面活性剤)で9割を占めています。残りの一割が添加物や育毛促進成分です。

従って、「洗浄成分」は、シャンプーの良し悪しを評価する上で最も重要な要素であることがわかります。

いくら優れた育毛成分を配合していてもシャンプーの基本である洗浄成分が頭皮に悪影響を与えるものであっては本末転倒なのです。

当サイトの女性用の育毛シャンプーのランキング評価もまずは洗浄成分として何を配合しているかを最重要ポイントとして評価しています。

シャンプーの良し悪しを決める最も大事な要素は洗浄成分

ドラッグストアやスーパーなど市販で販売されている安価なシャンプーの多くは、
・泡立ちを良くするため
・洗い上がりをサッパリ爽快にするため
・皮脂を根こそぎ取り除くため
・サラサラの使用感を出すため
・いい香りを出すため
といった消費者の様々な要望を適えるため、石油系・高級アルコール系界面活性剤(洗浄成分)やシリコン、香料、着色料、防腐剤など化学的な人工成分を多量に配合しています。特に女性用のシャンプーはその傾向が高いように感じます。

しかし、一部には、これらの成分が頭皮の毛穴などを通じて体内に浸透・蓄積されていき、分離されずに抜け毛や薄毛、かゆみやフケといったトラブルを引き起こす原因となるという見解もあります。

また、頭皮の皮脂を取り過ぎることにも注意をしなければなりません。

べたつきや頭皮臭の原因となる皮脂は何かと悪者扱いされがちですが、適度な皮脂は汗と混じって皮脂膜を作り、頭皮と髪を細菌やウィルス、紫外線などの外敵から守ったり、頭皮の水分を保持するという健全な頭皮環境の維持に重要な役割があります。

この皮脂を取りすぎると、頭皮の乾燥や肌トラブルを招く原因となり、抜け毛や痒みなどの原因になりかねません。

かといって皮脂や汚れが必要以上に頭皮に残留することも毛穴への皮脂の詰まりで炎症を起こしたり、フケ・痒み・頭皮臭などの原因になったりして頭皮トラブルの原因になってしまいます。

皮脂が毛穴に詰まって炎症

従って、シャンプーに求められるのは、適度な洗浄力を持つことなのです。

アミノ酸系洗浄剤を使用

その点、ハーブガーデンシャンプーは、アミノ酸系洗浄成分を配合して適度な洗浄力という条件をクリアしています。

アミノ酸という体と同じ成分で頭皮を洗浄することで地肌と髪に刺激やダメージを与えず、必要な皮脂は残し、不要な皮脂汚れはしっかり落とします。

また、アミノ酸シャンプーの弱点とされる泡立ちの悪さや洗い上がりの軋みも独自の処方で解決し、トップクラスの泡立ちと仕上がりを実現しています。

特にメインの洗浄成分として配合されているラウロイルメチルアラニンNaという成分は、アミノ酸系の洗浄成分の中でも最も優れた成分の一つと言われています。

低刺激で安全性が高く、泡立ちも良く洗い上がりは髪の毛がふんわりと仕上がるので、髪のボリュームアップも期待できるとされています。

参考記事

近年の育毛シャンプー、スカルプシャンプーというものの殆どがアミノ酸系洗浄成分を配合しています。ここでは、アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリットについて解説します。アミノ酸系シャンプーとは?アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成[…]

ノンシリコンシャンプー

勿論、シリコンをはじめ、合成香料や合成着色料、パラベンなどの防腐剤なども一切配合していません。ノンシリコンなのに軋まず、しっとり指通り滑らかな髪に仕上げます。

参考記事

近年はスカルプシャンプーブームでノンシリコンシャンプーが人気です。ここでは、おすすめのノンシリコンシャンプーを厳選し、人気順にランキング形式でご紹介しています。ノンシリコンシャンプーとその効果は?ノンシリコンシャンプーとはシ[…]

精製水にハーブウォーター

通常、シャンプーの30%~60%は水で占められています。

ハーブガーデンシャンプーは、この水に着目し、シャンプーの30%を占める精製水に頭皮や髪に良い7種類の阿蘇のオーガニックハーブウォーターを配合しています。

ローリエ、よもぎ、バジル、ミント、ローズマリー、カモミール、すぎな、といったハーブが痒みやフケを抑え、肌を整えて髪の毛をサラサラにします。

ハーブガーデンシャンプーの構成内容

さらに、オーガニックハーブウォーターは、健康な頭皮や髪を作るために必要不可欠なミネラルをたっぷり含んでいます。

ボタニカルの力で頭皮ケア

美容先進国のアメリカでは、科学的な方法に頼らず、植物が持つ本来の力を活かした美容法(=ボタニカルケア)が主流になりつつあります。

ハーブガーデンシャンプーは、美髪を作り育毛環境を整える・15種類のオーガニック成分と植物エキスを配合。

植物の力(ボタニカル)を最大限に活用しています。

オーガニック成分で美髪へ

女性の髪を美髪へ導く成分として、
・保湿効果が高く厳しい日差しから肌や髪を保護する「モンゴンゴオイル」
・オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、保水力に優れ、乾燥から頭皮や髪を守る「バオバブ種子油」
・ヒアルロン酸を超える保水力を持ち潤いを与える「シロキクラゲ多糖体」
・サポニンを含有し、抗菌・殺菌・抗炎症作用がある「ソープナッツエキス」
などのオーガニック成分を配合。

育毛環境を整えるのと同時にキレイな髪に導き、また、頭皮臭を抑えます。

参考記事

ここでは、市販されているオーガニックシャンプーの中から、成分や口コミ、価格などを比較して、おすすめのオーガニックシャンプーをランキング形式で紹介しています。オーガニックシャンプーとは?オーガニックとは、「有機」という意味で、[…]

植物エキスと高保湿成分で頭皮ケア

頭皮ケア成分としては、多くのシャンプーや育毛剤に配合されているセンブリエキスやアロエベラ、ゴボウ根エキスなど10種類の植物エキスを配合。

配合されたフルボ酸が天然成分の効果をさらにパワーアップさせます。

フルボ酸とは、1億年前のピュアな海洋深層土から抽出され、その生命力に期待が集まっている今話題の天然成分です。20種類のアミノ酸、18種類のミネラル、その他ビタミンや酵素をバランス良く含んでいます。キレート(結合)効果を持ち、髪内部に浸透させ、ボタニカルケア成分の効果をさらにパワーアップさせます。

さらに、3つの高保湿成分として、
・1gで6リットルもの水分を保持すると言われる「ヒアルロン酸」
・一度つかんだ水を離さないと言われる「ラフィノース」
・さらにバリア機能で頭皮の潤いを守る「ユズセラミド」
を配合し、髪と頭皮に潤いを与えます。

フルボ酸でボタニカル成分をパワーアップ

フルボ酸エキスとは、およそ数百年から数千年前の太古の時代に海底で形成された特殊な堆積土壌の中の成分から約2年の歳月をかけて特許製法で抽出した添加物を一切含まない天然土壌エキスです。

20種類のアミノ酸、18種類のミネラル、ビタミン類、酵素を大量に含んでいます。

フルボ酸は、ヒアルロン酸に似た分子構造で保湿性に優れており、天然の界面活性作用で油脂を分解する働き、また新陳代謝を向上する働き、有害な化学物質に吸着し分解する働きなどがあります。

このため、抜け毛や薄毛、フケや痒み等でお悩みの方や髪にハリ・コシやボリューム感がなくなってきた方におすすめです。

キレート(結合)効果でミネラルを髪内部に浸透させ、ボタニカル成分の効果をさらにパワーアップさせます。

ハーブガーデンのコンディショナーの特徴

ハーブガーデンのコンディショナーは、他のコンディショナーとは違い、頭皮に直接つけてもよいタイプのコンディショナーです。

通常、リンスやコンディショナー、トリートメントといったものは育毛を考慮する場合、頭皮に付けるのはNGとされており、頭皮に付着した場合はすすぎで丹念に洗い流す必要があります。

これは、シリコンなど、頭皮に悪影響を及ぼす成分が多く、その分子の大きさもシャンプーなどの成分と比較して大きく、頭皮に刺激や負担をかける可能性が高いといわれているためです。

ときどき、頭皮に付けてマッサージを促すコンディショナーがありますが、これらはその成分に自信があるためであり、品質の高さを裏付けるものでもあります。ハーブガーデンのコンディショナーはその一つです。

ハーブガーデンのコンディショナーは、ノンシリコンで天然由来成分100%のため、直接地肌につけて栄養を補給することができるほか、洗い流さないトリートメントとしても活用できます。

ハーブガーデンのコンディショナーの使用方法

厳選された26種類の植物エキスと天然の母乳成分を配合。短時間のうちに毛髪内部や表面をケアしながら髪のダメージ補修、水分量アップ、毛髪の保護に働きかけます。

ハーブガーデンシャンプーの口コミ

ハーブガーデンシャンプーの口コミとしては、

シャンプーは褐色系の色(茶色)です。ハーブガーデンというだけあって香りはハーブのいい香りがします。きめ細かく豊かな泡立ちにも満足しています。
頭皮の痒みに悩まされていましたが、このシャンプーを使って痒みから解放されました。痒みを抑える成分も充実していると実感できます。
頭皮に付けるのは良くないと当たり前のように思っていたコンディショナー。購入して半分使う頃までは頭皮に付けてマッサージするとは知らず頭皮にはあまりつかないように注意してました。これからはしっかりマッサージしようと思います。
髪の毛のパサつきがなくなってしっとりまとまるようになりました。
アミノ酸シャンプーにしては泡立ちは良好。洗い上がりもサッパリします。ハーブのいい香りでシャンプータイムもリラックスできます。
私の場合は、コンディショナーをちゃんとしても軋みが残り、ドライヤー時も若干髪が絡まってしまいます。落ち着くまでトライしてみようと思いますが。
特にコンディショナーがお気に入り。髪のうねりが悩みでしたが、ドライヤー後のおさまりが良くなりました。
使い始めて2週間ほどですが、お風呂の排水溝に溜まる髪の量が減ってきました。髪にもハリ・コシができたようで喜んでいます。継続していきたいと思います。
アミノ酸シャンプーでリンスやコンディショナーが不要といったものをいくつか試しましたが、私にはやはりリンスやコンディショナーといったものが必要。ここのコンディショナーは頭皮に付けてもいいとあってしっかりつけてマッサージしています。軋みも無く理想的なセットです。
小さな子供がいますが天然成分なので家族全員で使っています。価格は、この手のシャンプーとしては妥当ではないでしょうか。

※口コミや評価は、あくまで個人の感想であり効果を保証するものではありません。

といった意見があります。

編集部からのコメント

評価: 4一般的なシャンプーは6割が水、3割が洗浄成分、残りの1割が育毛成分その他で構成されています。ハーブガーデンのシャンプーは、シャンプーの大半を占めると言われる水にハーブウォーターという独自の精製水を使用した珍しいシャンプーで、洗浄成分もラウロイルメチルアラニンNaやココイルグルタミン酸という高品質のアミノ酸系洗浄成分を配合した、基本が出来た女性用のシャンプーと評価できます。

さらにコンディショナーも頭皮に優しい成分で構成し、頭皮に付けてマッサージすることを推奨。消臭効果もあり、安心して使用できる点で女性におすすめのシャンプー・コンディショナーセットです。また、セットでも月のランニングコストが2,000円ちょっとというのは魅力です。

ハーブガーデンシャンプーの価格・内容量・成分

価格定期購入(半額キャンペーン実施中)
さくらの森シャンプー 2,000円(税抜:送料540円)
さくらの森コンディショナー 2,000円(税抜:送料540円)
シャンプー・コンディショナーセット 4,000円(税抜:初回送料無料)
※15日間安心返金保証
内容量各300ml(約2ヶ月)
主成分水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ヤシ油(V.C.O)、サクラ葉エキス、フムスエキス(フルボ酸)、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、セリシン、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、香料(アロマ精油ブレンド)
販売
会社
さくらフォレスト株式会社