TOP

育毛シャンプーランキング

女性用育毛シャンプーランキング

ボリュームアップシャンプー

  1. HOME
  2. AGAの知識関連
  3. AGA(男性型脱毛症)対策

ランキングMENU

育毛シャンプーで薄毛対策

男性の育毛シャンプー
ランキング

女性の育毛シャンプー
ランキング

ボリュームアップシャンプー
ランキング

育毛シャンプー一覧

男性用育毛シャンプー

女性用育毛シャンプー

シャンプーに関する知識

頭皮臭を改善する
育毛シャンプーのランキング

白髪対策におすすめの
育毛シャンプーランキング

保湿シャンプーの
おすすめランキング

猫っ毛の人におすすめの
育毛シャンプーランキング

産後の抜け毛におすすめの
育毛シャンプーランキング

その他育毛シャンプーの知識

シャンプーの成分一覧

髪の基礎知識

髪や頭皮の知識関連

抜け毛・薄毛対策

脱毛症の種類とその原因

男性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因と対策

生え際の薄毛対策

髪を太くする方法

その他抜け毛・薄毛の知識

AGAの知識

AGAに関する知識関連

育毛・発毛に関する知識

育毛に良い生活習慣

育毛に大切な頭皮の潤い

頭皮を柔らかくして育毛

ヘッドマッサージで育毛

毛細血管を増やして育毛

成長因子で育毛促進

プラセンタシャンプーの効果

キャピキシル配合シャンプー

アスタキサンチンで育毛

オクタペプチド-2で育毛

アデノシンの育毛効果と副作用

サイトプリン・ペンタデカン

エクオールの抜け毛抑制効果

その他の育毛・発毛の知識

育毛を促進する成分一覧

AGA(男性型脱毛症)とその対策

ここでは、AGA(男性型脱毛症)対策について解説します。

目次
1.AGAとは?
2.AGA対策

AGAとは?

AGAとは、Andro genetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」と言う男性特有の脱毛症です。男性の薄毛の原因の実に90%以上がこのAGAが原因と言われています。

AGAは、主に睾丸から分泌されたテストステロンという男性ホルモンが血液に混じって体内を回り、頭皮の毛乳頭にある5αリダクターゼという物質と結合してDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンを産出することから端を発します。

DHTは、同じく毛乳頭にある男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合。これがトリガーとなって毛乳頭から毛母細胞に脱毛指令が送られます。

特に前頭部の生え際部分がM字型に後退する薄毛や頭頂部のつむじ周りから薄毛が進行するのは、これらの部分に5αリダクターゼ(主にU型)が数多く分布しているためだと推測されています。

その結果、毛母細胞は髪の製造をストップし、ヘアサイクルの成長期にある髪の毛が短期間で休止期・退行期へ移ってしまい、太く長く成長できないまま抜け落ちてしまいます。これが、簡単なAGAの流れです。

AGAの流れ

AGAは、AGAになりやすい体質
5αリダクターゼが活性しやすい体質
過敏な男性ホルモン受容体の体質
を遺伝することによって発症するケースが殆どで、生活習慣や食習慣といった後天的な要素で引き金となって発症するケースはそう多くはないと考えられています。

但し、そういった後天的な要素もAGAの進行を加速する性質があるとされています。

こういった流れを持つAGAは、肉体的な苦痛を伴うものではありませんが、いわば病的な症状と言えます。

そのため、生活習慣や食習慣を改善したところでAGAの進行がストップするということは考えにくく、別途しっかりとしたAGA対策が必要になります。

AGA対策

AGAは、その原因物質である5αリダクターゼ(主にU型)やDHT(ジヒドロテストステロン)の働きかけによって発症してしまいます。

従って、AGAの進行を止める対策としてはこれらの原因物質の働きを抑制してやる必要があります。そしてその方法には、
育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリを使って自宅で自分で取り組む方法
専門医を頼ってクリニックなどでAGA治療を受ける方法
があります。

進行度合いや生活環境、経済状況により、個人で自由に選択が可能です。

自宅でAGA対策を行う方法

自宅でAGA対策を行う場合はその原因物質であるDHTやその生成元になる5αリダクターゼを抑制する手段の一つとして、育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントなどを活用する方法があります。

DHTは、胎児の時は発育に関して重要な働きをしますが、生まれた後は、前立腺肥大の元凶となったり、薄毛や抜け毛の原因物質となります。そのため俗に悪玉男性ホルモンと呼ばれることもあります。

AGAの治療薬として有名なフィナステリド(日本での商品名:プロペシア)はこのDHTのもととなる5αリダクターゼの働きを抑制してAGAの進行を食い止める働きをします。

育毛シャンプーや育毛剤・育毛サプリメントなども、この5αリダクターゼの働きを阻害してAGAに対抗しようとするものが多く見られます。

参考:男性用育毛シャンプーのランキング

医薬品ほどの効果は期待できませんが、以下の成分には、5αリダクターゼを阻害する働きがあるとされ、男性用・女性用を問わず多くの育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントに配合されています。

食事やサプリメントなどで体内に積極的に摂りいれることでもAGAの進行を遅らせたり改善したりすることが期待できます。

成分

AGA対策としての働き

亜鉛 亜鉛は食事で摂ったたんぱく質を髪の毛や筋肉などに変えてくれる大切な栄養素です。DHTの産出を促す5αリダクターゼという酵素を阻害し、細胞の増殖を促す働きがあります。育毛サプリメントに配合されている場合が殆どです。
オウゴンエキス オウゴンエキスには、抗炎症作用、保湿作用のほか、5αリダクターゼという酵素の生成を抑制する効果が確認されています。男性用・女性用問わず多くの育毛シャンプーに配合されています。
キャピキシル キャピキシルに含まれるビオカニンAと呼ばれるイソフラボンの一種は、女性ホルモンと類似した構造を持つ分子で5αリダクターゼを抑制する効果があることが知られています。主に育毛剤に配合されていますが、haru黒髪スカルプ・プロという女性向けシャンプーにも配合されています。
ヒオウギエキス ヒオウギエキスには、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするイソフラボン誘導体という成分を高濃度に含み、5αリダクターゼの活性化を低下させる働きがあることが確認されています。男性用・女性用問わず多くの育毛シャンプーに配合されています。
ノコギリヤシ ヤシの一種で、フィナステリドと同じで前立腺肥大の予防や治療への効果から普及しました。5αリダクターゼを抑制する効果があるとされています。育毛サプリメントに配合されている場合が殆どですが、LUXEシャンプーという男性用シャンプーにも配合されています。
アロイン アロインは、アロエに含まれている成分です。5αリダクターゼの活性化を低下させる働きがあることが確認されています。
イソフラボン 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。女性の薄毛の原因が女性ホルモンの減少によるものが多いとされているため、女性用のシャンプーや育毛サプリなどに配合されています。
リモネン リモネンは、レモンやオレンジ、グレープフルーツなど、柑橘類の果皮に豊富に含まれている精油成分です。5αリダクターゼの活性を抑制する働きがあるとされ、多くの育毛剤に配合されています。


また、AGA対策としては、体内の血流を上げてやることも有効とされています。

AGAの原因物質であるDHTは、頭皮の血流量が低下すると増加する傾向があると言われており、DHTが増加するとその影響で頭皮の血行はさらに低下すると考えられています。AGAを発症するとこのように悪循環に陥ってしまいます。

頭皮の血行を促進するには、頭皮のマッサージ以外にも、適度な有酸素運動やストレッチ、全身マッサージ、また血行を良くする成分が盛り込まれたシャンプーや育毛剤などの使用が有効です。

特に、第2の心臓と言われ、毛細血管が密集している足のふくらはぎなどのマッサージは全身の血流をアップさせるためには非常に有効とされています。

このように、育毛剤や育毛シャンプー、また、育毛サプリメントなどに頼るだけではなく、日頃から健康的な生活を心がけることもAGA対策としては重要です。

クリニックなどでAGA治療・植毛などを行う方法

進行が進んでしまった場合や育毛剤などでは手遅れの場合は、専門のクリニックに頼るという選択肢もあります。

AGA治療には、様々なものがありますが、一般的には専門医の問診の後、プロペシア(有効成分:フィナステリド)とミノキシジルの両方が処方されます。

クリニックによっては、薄毛の原因がAGAによるものか(AGA対策が有効か)の判断のため、事前にAGA遺伝子検査が行われる場合もあります。

また、再生医療分野では、女性にも有効とされる成長因子を注入するHARG治療というものもあります。育毛に有効な成長因子やビタミンを頭皮に直接注入するという医療行為で、男性の場合は、一般的にフィナステリドやミノキシジルが別途処方されます。

頭皮から直接浸透させますので、育毛剤や育毛サプリと比較して効果が高く、短期間で発毛を実感できると言われています。

このようにクリニックに通う場合は、市販の育毛剤や育毛サプリに比べて効果が期待できますが、反面、副作用のリスクも大きくなります。折角、専門医に診てもらう訳ですので、副作用などを感じたらすぐに専門医に相談するようにしましょう。

一概には言えませんが、一般的には、自宅療法よりもかかる費用は高額になります。

さらに、薄毛が進行して育毛剤などでの対策が手遅れになった場合や、確実に成果を出したい場合の選択肢として、植毛やカツラという手もあります。

植毛には、自毛植毛人工毛植毛がありますが、自分の髪の毛(主に後頭部や側頭部の髪の毛)を移植する自毛植毛が主流です。

植毛にもメリット・デメリットがあり、初期費用も高額ですが、確実な結果が期待できる上、ランニングコストは殆どかからないので検討してみるのもいいと思います。

日常生活の改善

一方でAGAの改善と日頃の生活に関係性がないかというとそうではありません。例えば喫煙は、AGAの進行を加速させるという研究データもあるようですし、過度のストレスや睡眠不足などもAGAを進行させる要因になりかねないと考えられています。

また、上記で述べたように適度な有酸素運動は、血流を上げるほか、人の健康に様々な効果をもたらすと考えられています。されに、運動で汗を流すことでDHTの排出が可能といった見解もあります。

AGA対策は、喫煙や睡眠不足、偏った食事、ストレスを溜めた生活など日頃の生活習慣を改善した上で、別途、AGAの原因を取り除くべく対策を行う必要があります。

参考:AGA対策や育毛に良い生活習慣
 


関連ページ

AGA(男性型脱毛症)対策
AGAは、その原因物質である5αリダクターゼ(主にU型)やDHT(ジヒドロテストステロン)の働きかけによって発症してしまいます。従って、AGAの進行を止める対策としてはこれらの原因物質の働きを抑制してやる必要があります。

ミノキシジルの育毛効果と副作用
AGA対策として有効とされるミノキシジルには、血行を促進する作用や髪の毛の成長因子の産生を促進する作用、また、髪の毛の基となる細胞の減少を抑制する作用があると考えられています。

フィナステリドの育毛効果と副作用
AGA対策として有効とされるフィナステリドには、5αリダクターゼ(U型)という酵素の働きを抑制する働きがあります。5αリダクターゼ(U型)の働きを抑制することで、DHTの生成を抑制し、結果的に抜け毛・薄毛を抑制します。

AGA治療の種類とその特徴
AGA治療とは、「治療」という言葉を厳密に解釈して医療行為と考えるのであれば、AGAクリニックなどでAGAを治療する行為です。薄毛の進行の度合いにかかわらず個人が自由に希望するAGA治療を選択することができます。
 

ランキングの順位について 運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ

Copyright (C) 2013 育毛シャンプーで抜け毛・薄毛改善 All Rights Reserved.



▲TOPへ