TOP

育毛シャンプーランキング

女性用育毛シャンプーランキング

ボリュームアップシャンプー

  1. HOME
  2. 育毛シャンプーの知識

ランキングMENU

育毛シャンプーで薄毛対策

男性の育毛シャンプー
ランキング

女性の育毛シャンプー
ランキング

ボリュームアップシャンプー
ランキング

育毛シャンプー一覧

男性用育毛シャンプー

女性用育毛シャンプー

シャンプーに関する知識

頭皮臭を改善する
育毛シャンプーのランキング

白髪対策におすすめの
育毛シャンプーランキング

保湿シャンプーの
おすすめランキング

猫っ毛の人におすすめの
育毛シャンプーランキング

産後の抜け毛におすすめの
育毛シャンプーランキング

その他育毛シャンプーの知識

シャンプーの成分一覧

髪の基礎知識

髪や頭皮の知識関連

抜け毛・薄毛対策

脱毛症の種類とその原因

男性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因と対策

生え際の薄毛対策

髪を太くする方法

その他抜け毛・薄毛の知識

AGAの知識

AGAに関する知識関連

育毛・発毛に関する知識

育毛に良い生活習慣

育毛に大切な頭皮の潤い

頭皮を柔らかくして育毛

ヘッドマッサージで育毛

毛細血管を増やして育毛

成長因子で育毛促進

プラセンタシャンプーの効果

キャピキシル配合シャンプー

アスタキサンチンで育毛

オクタペプチド-2で育毛

アデノシンの育毛効果と副作用

サイトプリン・ペンタデカン

エクオールの抜け毛抑制効果

その他の育毛・発毛の知識

育毛を促進する成分一覧

育毛シャンプーの知識記事一覧

ここでは、男性用の育毛シャンプー女性用の育毛シャンプーに関する様々な知識を解説します。
 

育毛シャンプーの知識全般

 
育毛シャンプーの役割
育毛シャンプーには、通常のシャンプーの機能である髪と頭皮を洗浄する役割だけでなく、育毛環境を考慮した成分を配合し、育毛に有効な栄養を与えて育毛を促進するという役割、また髪のボリュームアップを図るという枠割などが備えられています。

育毛シャンプーの効果
シャンプーは毛髪と頭皮を洗うとすぐに洗い流すものですので育毛剤のような効果や即効性を期待することは禁物ですが、良質な育毛シャンプーを使い続けることで頭皮環境を整えていき、良好な育毛環境を構築していくことは可能です。

育毛シャンプー選びのポイント
育毛シャンプーを選ぶ場合、まずは、洗浄成分である界面活性にどのような成分が使われているかが重要なポイントになります。また、シリコンをはじめ、香料や着色料、防腐剤などは極力配合していないシャンプーを選ぶようにしましょう。

市販のシャンプーは良くないと言われる理由
スーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなど市販の店舗で販売されている安価なシャンプーの中には育毛や頭皮環境のことを考えた場合、品質的に問題があるものがあります。特に価格が安いほどその傾向が高くなると言えます。

シャンプーで汚れを落す仕組み
シャンプーには、頭髪についている埃や汚れ、汗だけではなく、頭皮についている余分な皮脂や脂汚れを落とす役割があります。シャンプーに配合されている洗浄成分には水だけでは落とせない皮脂汚れを落すメカニズムがあります。

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット
アミノ酸系シャンプーとは、界面活性剤にアミノ酸成分を採用しているシャンプーです。育毛シャンプー、スカルプシャンプーというものの殆どがアミノ酸系洗浄成分を配合しています。アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリットについて解説します。

石鹸系シャンプーのメリット・デメリット
石鹸系シャンプーとは、洗浄成分(界面活性剤)に石鹸系の成分が含まれているシャンプーのことです。ドラッグストアやスーパー、量販店などで販売されており、一般的にはシャンプーのパッケージに石鹸系シャンプーであることが明記されています。

高級アルコール系シャンプーの特徴・メリット・デメリット
高級アルコール系シャンプーとは、洗浄成分に高級アルコール系の成分が含まれているシャンプーのことです。大手メーカーが量産して販売しているシャンプーの殆どがこの高級アルコール系シャンプーで一般家庭でも最も広く使用されています。

ノンシリコンシャンプーとは
シャンプーなどに含まれているシリコンは、髪の表面(キューティクル)に付着して髪の毛をコーティングすることで、洗髪時の軋みや摩擦を抑えたり、髪をドライヤーの熱から守ったりするなどの働きがあります。

正しいシャンプーの仕方
シャンプーで気を付けたいことは「髪の毛」ではなく「頭皮」をしっかり洗うことです。正しいシャンプーの仕方を実践することで頭皮を発毛・育毛しやすい環境に整えて育毛に働きかけることが期待できます。

シャンプーの洗浄成分(界面活性剤)
界面活性剤は、洗濯用洗剤や食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、化粧品などのほか、シャンプーやリンスなどにも配合されています。界面活性剤は、2つの物質の境界面に働きかけその性質を変えていく働きがあります。

肌質で選ぶシャンプー
肌質は、乾燥肌(ドライ肌)、脂性肌(オイリー肌)、普通肌(正常肌)といったものに分類されます。シャンプーの中には、乾燥肌用・脂性肌用といった肌質に合ったものが販売されており、それぞれ肌の性質に合せた成分が配合されています。

パーマとシャンプー
パーマの仕組みや、パーマのかかりを良くしたり、パーマのかかりを長持ちさせるシャンプー選びやシャンプーの方法について解説します。髪の毛は、ケラチンというタンパク質でできています。

整髪料使用後のシャンプーの仕方
ワックスなどの整髪料の主成分は「油」です。油分の粘性でヘアスタイルを造りますが、この油分がが頭皮の毛穴を塞いでしまうと、フケや抜け毛、薄毛の原因となってしまう場合があります。

薄毛になりがちなシャンプーの仕方
薄毛になる生活習慣を続けていると知らず知らずのうちに髪が痩せ細り、細毛・薄毛になってきます。中でも意外と見落としがちなシャンプーの仕方です。薄毛になってしまいがちなシャンプーの仕方を改めて、本来の髪の太さを取り戻します。

シャンプーは泡で頭皮を洗うもの
ご存じのとおり、シャンプーには、髪や頭皮の埃や汚れ、汗、余分な皮脂などを落とす役割があります。育毛やスカルプケアを考えた場合、頭皮の汚れを落すことは重要ですが、特に汚れの落とし方には注意が必要です。

泡パックを推奨する育毛シャンプー
一定時間泡パックすることで、通常のシャンプーでは落としきれなかった髪や頭皮の埃や脂汚れなどを浮かせて取り除いたり、育毛に有効な栄養や保湿成分を頭皮や毛穴から浸透させる役割があります。

シャンプー後のドライヤー
洗髪後、乾かさずに濡れたままにして自然乾燥をするとキューティクルが開いた状態になり髪の水分量を減少させたり髪の内側から傷んでしまう原因にもなります。お風呂から上がったらすぐにドライヤーで髪と頭皮を乾かすことが良いとされています。

シャンプーの後に使われるリンス、コンディショナー、トリートメントとは?
意外と正確に理解されていない、リンスとコンディショナー、トリートメントの違い。それぞれの役割の違いを解説します。一般的な解釈となりますので実際の利用時には、商品説明でその働きや特徴を確かめてからお選びください。

シャンプーに配合される旧表示指定成分とは
旧表示指定成分とは、化粧品による肌トラブルが相次いでいた昭和40年代頃に当時の厚生省(現在の厚生労働省)が、「ごくまれに重篤なアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある成分」と告示した成分のことです。

皮脂の役割
皮脂には頭皮環境にとって重要な役割があります。皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に分泌され、汗と混ざって皮膚の表面を覆う皮脂膜を作り、頭皮を保護して外的刺激から頭皮を守ります。

生シャンプーとその育毛効果
生シャンプーが育毛的にどうかというと基本的には配合されている成分によりますが、生シャンプーが健全な頭皮環境に導くことを開発コンセプトにしていることからも育毛的にはプラスに働くということができると思います。
 

ランキングの順位について 運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ

Copyright (C) 2013 育毛シャンプーで抜け毛・薄毛改善 All Rights Reserved.



▲TOPへ