カッコンエキスの育毛効果とカッコンエキスを配合しているシャンプー

カッコンエキスに期待できる育毛効果

カッコンエキスは、葛(クズ)の乾燥した根から得られるエキスです。クズ根エキスとも言われます。

化粧品成分表示名称として「クズ根エキス」
医薬部外品表示名称として「カッコンエキス」
と表示されます。

クズは、中国でも漢方の成分として重宝されてきましたし、発汗や解熱の作用があることから古くから風邪薬(薬用)としても利用されてきました。

クズがカッコンエキスとして利用されるようになったのは近年になってからです。

保湿効果

カッコンエキスは、イソフラボン配糖体やサポニンを含み、美容的には保湿作用やメラニン色素を生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあるとして美白効果も期待され、化粧品の原料として利用されるようになりました。

その他にも、表皮と角化細胞の増殖促進作用、血行促進作用、抗炎症作用、皮脂の過剰分泌の抑制作用、収れん作用、紫外線吸収作用、また痒み止め効果など様々な効果を持っています。

また近年では、カッコンエキスにはコラーゲン合成促進作用が高いことが確認され、シワ・たるみの改善作用・抗酸化作用も期待されています。

育毛効果

また、カッコンエキスは育毛においても、
・毛乳頭細胞の活性化による育毛作用や、
・ミノキシジルの効果を高める作用
が認められています。

特にミノキシジルの効果を高める作用としては注目を浴びています。

ミノキシジルは硫酸化によってより発毛効果を発揮することがわかっています。

ミノキシジルを硫酸化させる酵素を硫酸転移酵素と言っていますが、ミノキシジルの効果が感じられない人の多くが、毛包の硫酸転移酵素の活性が低いと言われています。

逆に、ミノキシジルが効く人は硫酸転移酵素の活性が高いことが確認されています。

培養したヒト表皮細胞に添加する実験によれば、カッコンエキスには硫酸転移酵素遺伝子発現促進作用が認められています。

このため、カッコンエキスで頭皮での硫酸転移酵素活性を増強することができれば、ミノキシジルの発毛効果を高めることができるのではないかと考えられています。

カッコンエキスを配合しているシャンプー

カッコンエキス(クズ根エキス)を配合しているシャンプーには、
スカルプDシャンプー
ケフトルアミノシャンプーEX
イクオスブラックシャンプー
などがあります。