髪の毛を早く伸ばす方法

髪の毛を早く伸ばす方法

美容室や理容室で思いのほか切り過ぎてしまった。自分で間違って短くカットしてしまった。やってみたいヘアスタイルには髪の毛の長さが足りない。そういう時はできるだけ早く髪の毛を伸ばしたいということもあります。

ここでは、髪の毛を早く伸ばす方法について解説します。

髪の毛を早く伸ばすには

健康な髪の毛は1日におよそ3.5mm、1ヶ月に1cmほど伸びます。

この髪の毛をできるだけ早く伸ばすには、以下のような対策があります。

髪の毛にいい栄養を補給する

髪の毛のもとはタンパク質(アミノ酸)です。そしてタンパク質は亜鉛などのミネラルやビタミンの力で髪の毛や筋肉、臓器などに変換されます。

従って、髪の原料となるタンパク質(アミノ酸)や、髪の製造に不可欠な亜鉛などのミネラル、またビタミンなどの栄養素をしっかり摂ることは髪を健康的に速く伸ばすのに不可欠です。

タンパク質は肉類や卵、乳製品、大豆製品などに多く含まれ、亜鉛は牡蠣やホタテ、レバーなどに多く含まれています。

そして、特に髪の毛を早く伸ばすのに有効と言われている成分がビオチンです。

ビオチンには、髪や爪に必要なアミノ酸の代謝や、髪の主成分であるケラチンの合成に必要なコラーゲンの生成を促進する働きがあるとされています。

また、ビオチンは黒髪を作るメラノサイト(色素細胞)を活性化する働きがあるとも言われていますので白髪対策としても期待できると考えられています。

ビオチンは、レバーやマイタケ、鶏・豚・牛肉類、らっかせいなどに多く含まれています。

男性用のシャンプーであるBAKUシャンプーにはビオチンが、モンゴ流シャンプーEXには、ビオチンを含有するイラクサエキスとシーバックソーンという成分が配合されています。

ビオチンを配合しているシャンプーを使うことで髪の毛を早く伸ばす効果が期待できるほか、多少は白髪の予防・抑制が期待できるかもしれません。

また、髪の毛に栄養を与える方法として育毛剤や育毛サプリの活用も有効です。育毛剤や育毛サプリには、抜け毛を防いだり、髪の成長を促す成分が効率よく配合されています。

薄毛でない人が育毛剤や育毛サプリを使用してはいけないルールはありませんので髪の毛をできるだけ早く伸ばしたい人もこれらを積極的に活用しましょう。抜け毛や薄毛の予防にも有効です。

おすすめの育毛剤 ランキング

おすすめの育毛剤 ランキング

薄毛にお悩みの男性・女性におすすめの育毛剤をランキング形式で紹介。効果が期待できる成分や口コミや人気、価格などを独自の評価基準で比較してランキング形式で紹介しています。あなたに合った育毛剤選びの参考にして下さい。

育毛剤のランキング(男性・女性別)を確認する

頭皮マッサージで髪の毛を早く伸ばす

髪の毛は、毛細血管の血液がら栄養や酸素を受け取って製造されます。

従って髪の毛に栄養を運ぶには血行を良くすることが重要です。

日頃の運動も大切ですが、血行を促進する成分を配合したシャンプーや育毛剤などを利用するほか、ヘッドマッサージなどで頭皮の血行を良くし、毛乳頭や毛母細胞に多くの栄養素を与えてやることも髪の毛を早く伸ばすには有効と考えられています。

特にヘッドマッサージでは1週間ほどで1cm以上伸びたという報告もあるほどで、髪を早く伸ばすには最も効果が期待できる対策の一つです。

関連記事

ここでは、ヘッドマッサージで頭皮に刺激を与え、血行を良くして薄毛を予防・改善する効果について解説します。頭皮の凝りとヘッドマッサージ頭皮にも肩や首のように「凝り」があります。姿勢が悪かったり、同じ姿勢を続けたり、また[…]

規則正しい生活(睡眠・運動・ストレス発散)を心がける

髪の毛を早く伸ばしたい場合は、血管を萎縮させるストレスを抱えず、適度な運動などで頭皮の血行を促進し、質の良い睡眠を十分に取ることなどが大切です。

これらは髪の毛の製造に深く関わっています。

睡眠

睡眠時間については、専門家の意見も分かれていますが、髪の健康を考えた場合は、少なくとも6時間から7時間程度は睡眠した方がよいと言われています。

睡眠は、髪の製造に深く関わる成長ホルモンが最も多く分泌されるので育毛には最も重要なイベントです。

特に就寝後最初に訪れる深い眠り(ノンレム睡眠)の時に髪の製造に深く関わる成長ホルモンが最も盛んに分泌される時間帯と考えられていますですので眠りはじめの90分はどれだけ質の良いものにするかが重要なポイントになります。

尚、ときどき22時から2時までの時間帯をゴールデンタイムと説明している記事を見かけますがこれは古い考えです。現在は眠りはじめの90分ほどに訪れるノンレム睡眠時が最も重要な時間ということが専門家の間でも正しい見解となっています。

運動

適度な運動は、血行を良くして毛乳頭や毛母細胞に髪の製造に必要な栄養や酸素を運びやすくします。特に、有酸素運動は、毛細血管を増やす働きがあるとされていますので髪を早く伸ばすには有効だと考えられます。

ストレスの発散

ストレスは、自律神経や内分泌機能などに影響を与えます。

毛細血管を収縮させたり、睡眠や感情に影響を及ぼしたりし、交感神経が優位になり続けると不調やトラブルにつながりやすくなります。

ストレスは溜めずに随時発散していくよう心がけましょう。

まとめ

髪の毛を早くのばすには、規則正しい生活(睡眠・運動・ストレス発散)をベースに血行を良くして髪の毛に良い栄養素を摂りいれることが重要です。偏った食事や過度なダイエットは髪を早く伸ばしたい場合はNGです。

これらが乱れると髪の毛の伸びる速度が遅くなるだけでなく、細毛、軟毛、抜け毛、薄毛の原因となるリスクもあります。

規則正しい生活は本人が自覚して行う必要がありますが、血行を良くしたり、髪の毛に良い栄養素の補給はサプリメントをはじめ、育毛剤や育毛シャンプーからも補うことができます。

特にヘッドマッサージは髪を早く伸ばすのに最も即効性があり効果的なようなので日常に取り入れてみることをおすすめします。

関連記事

ここでは、髪の毛を太くして髪のボリュームアップ化を実現する方法を解説します。髪の毛が細い原因日本人の平均的な髪の太さは0.07mmから0.15mmといわれており、人種的には比較的太い部類に入ると言われています。髪の毛[…]