ココイルグリシンKの成分性質とココイルグリシンKを配合しているシャンプー

ココイルグリシンKの成分特徴

ココイルグリシンKは、アミノ酸の一種であるグリシンとヤシ油脂肪酸からなるアミノ酸系界面活性剤で、別名「N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム」とも言われます。

比較的低刺激ですが、アミノ酸系界面活性剤の中では比較的洗浄力が高く、起泡性がありきめ細かな泡立ちが良い成分です。

シャンプーのほか、薬用石鹸やリンス、ヘアコンディショナー、洗顔料などにも配合されます。

グルタミン酸よりさっぱりタイプで洗浄力が高めなため、髪質によっては軋みが出る場合があります。そのため、ココイルグリシンKを主成分として配合しているシャンプーでは、軋みをカバーする成分と一緒に配合される傾向があります。

弾力のあるきめ細かなクリーミーな泡質が特徴で、さっぱり洗いたい方に向いている洗浄剤です。

ココイルグリシンKの安全性・副作用

ココイルグリシンKは、毒性が殆んどなく副作用も無いため肌の弱い方にも適しています。

ココイルグリシンK配合のシャンプー

ココイルグリシンKは、
男性用育毛シャンプーの
プレミアムブラックシャンプー
女性用育毛シャンプーの
kurokamiスカルプ
などに配合されています。