ココイルグルタミン酸TEAの成分性質とココイルグルタミン酸TEAを配合しているシャンプー

ココイルグルタミン酸TEAの成分特徴

ココイルグルタミン酸TEAは、アミノ酸の一種であるグルタミン酸とヤシ脂肪酸から構成された代表的なアミノ酸系界面活性剤(アニオン界面活性剤)です。

アミノ酸系の界面活性剤の中では比較的古い部類に入ります。

ココイルグルタミン酸TEAは、泡立ちもほど良く、とても低刺激で洗浄力もマイルドなため、肌に必要な水分や栄養分を残しながら洗浄でき、洗った後もつっぱらず、しっとりした感触を残してくれます。

素肌と同じ弱酸性で肌にも優しいことから敏感肌でも安心して使うことができ、ベビーケア製品にも使われることもあります。使い続けることで健康な頭皮環境へと導いてくれます。

低刺激で安全性が高いところからシャンプー以外にもヘアコンディショニング剤や乳化剤、石鹸、化粧水、洗顔料など様々なものにも使用されています。

また、頭皮や髪に優しい低刺激の洗浄成分でありながら優れたコンディショニング効果を備えており、ダメージを受けている髪の表面に吸着して皮膜を作り髪の毛を保護する働きやキューティクルの乱れを修復する働きもあります。

髪の毛に潤いや艶を与え、スタイリングしやすい状態に整えてくれますので、特に女性におすすめの洗浄成分と言えます。

タンパク質変成作用(タンパク質の性質を変えてしまう作用)もないので、頭皮や髪にダメージを与えません。

ココイルグルタミン酸TEAは、コストが高い成分で、市販の安価なシャンプーには殆ど配合されていない成分です。

尚、医薬部外品に分類されるシャンプーには、「N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液」という名称で表示されます。

ココイルグルタミン酸TEAの安全性・副作用

低刺激で毒性や副作用の心配も少なく、欠点(デメリット)が少ないため頭皮のことを考えるのであれば優秀なおすすめのアミノ酸系洗浄成分です。

ココイルグルタミン酸TEA配合のシャンプー

男性用育毛シャンプーの
アルガンK2シャンプー
女性用育毛シャンプーの
haru kurokamiスカルプ
アロマのやさしさ
守り髪シャンプー
花しゃん
などに配合されています。