モンゴ流シャンプーEXを実際に3ヶ月使って評価

モンゴ流シャンプーEXを実際に3ヶ月使って評価

モンゴ流シャンプーEXは、高い育毛効果が期待できると考えられているモンゴロイド3大伝承成分(イラクサ・ユッカ・シーバックソーン)はじめ、育毛に効果が期待できると考えられる成分をこれでもかというほど多数配合しているシャンプーです。

CMなどでも有名なスカルプDと同じく、何度もリニューアルを行い、成分の配合を追加・変更しながら進化。まさに育毛シャンプーの革命児と言えます。男性に人気が高いため男性用の育毛シャンプーに分類していますが、本来は男女性兼用のシャンプーです。

スカルプDに対抗するように全国の有名百貨店、東急ハンズやロフトなどのバラエティショップ、ヘアサロンなどでも販売されています。

モンゴ流シャンプーEXは、ラウロイルメチルアラニンNaとココイルグルタミン酸TEAという アミノ酸系洗浄成分をベースに頭皮に負担のかかる不要な成分を極力配合せず、育毛剤なみの有効成分を配合しているシャンプーです。

但し、補足的な成分として、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naを配合しているため、比較的脱脂力がありサッパリ感・スッキリ感のある洗い上がりを実現しています。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naはメインの成分として配合されると、脱脂力が少し気になる成分ですが、配合量を成分表で確認すると、水、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウラミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNaに続いて5番目と、配合量は少な目なところから、アミノ酸洗浄成分の脱脂力の弱さを補う程度の配合量としてバランスのよい構成になっています。

むしろ、他のアミノ酸シャンプーでは物足りない、皮脂のベタツキが気になる、といった脂性肌(オイリー)の方にはおすすめと言えます。

ちなみに水の次に配合されているラウリン酸ポリグリセリル-10は、乳化剤や保湿剤としての機能に優れた安全性の高い成分なので、ワックスやスプレーを使用した場合でも比較的簡単に落とすことができますし、人の皮脂に良く似た成分で、肌に膜を作って潤いを閉じ込める効果がありますので保湿性にも優れた成分です。

モンゴ流シャンプーは化粧品グレード

モンゴ流シャンプーは、「医薬部外品」としてではなく、あえて「化粧品グレード」で開発されています。

その理由は、医薬部外品として開発した場合、効果効能を表記したり「薬用」といった表記ができる反面、厚生労働省が定めた医薬部外品原料規格に定められた成分を配合する必要があり、その上、配合量の上限にも制約があるためです。

一方、化粧品グレードのシャンプーは、薬用といった表記はできないかわりに、配合成分や配合量の規制にしばられることなく多種多様な成分を高濃度に配合できるばかりでなく、認可されたばかりの新成分も配合することができます。

※参考:医薬品・医薬部外品・化粧品扱いとは?

販売元のアルファウェイは、チャレンジ精神旺盛な企業で、試行錯誤しながらも独自の有効成分を自社製品に積極的に取り入れ、それを販売するためにあえて化粧品扱いで開発しています。

同梱されるパンフレット(コンセプトブック)には、そういった商品化の事情やモンゴ流シャンプーが抜け毛や薄毛への原因にアプローチするメカニズムなどが詳細に記載されています。

同梱されるパンフレット(コンセプトブック)

モンゴ流シャンプーEXの使用感

公式サイトからの申込みの場合、お試し品として8mlのミニシャンプーと8mlのミニコンディショナーが各2つづつサービスで同梱されています。

お試しミニシャンプー

初めてモンゴ流シャンプーを使用する場合は、シャンプーボトル本体を開封する前に、まずは、このお試し分のミニシャンプーを使います。

万が一、シャンプーが肌に合わなければボトル本体を返品して全額返金してもらうためです。

色と香り

シャンプー剤の色は、他ではあまり見かけない緑色(エメラルドグリーン)です。勿論、合成着色料による色ではないため安心です。
香りは、ハーブ系の匂いがします。上品で爽やかな香りですので嫌いな人は少ないと思われます。

シャンプー剤の色は、エメラルドグリーン

シャンプー剤には、粘り気(ヌメリ感)があります。このヌメリの働きで後のリンスやコンディショナーが不要になり、しっかり保湿もしてくれるようです。

泡立ち

頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分でありながら泡立ちも悪くありません。短髪の方は1プッシュ(3ml)でいいと思いますが、一般的な男性の場合は1.5プッシュ(4.5ml)くらいがちょうどいいと思います。

1プッシュで約4ヶ月、1.5プッシュで約3ヶ月もちますので、一見、価格が高そうに思えますが、3ヶ月持てば月額1,600円程度とコストパフォーマンスにも優れています。

3分間泡パックと洗い上がり

髪と頭皮を洗った後は、手のひらで泡を全体にのばして3分間泡パックを行います。

3分間泡パックで
・洗浄(不要な皮脂を落とし)
・保湿
・有効成分の浸透
を行い、頭皮環境を整えます。

さらに、ポリクオタニウム-10などの有効成分が髪の毛をコーティングして髪のハリ・コシを補い、指通りが良くスタイリングし易い状態へ導きます。

時間が経つにつれ、泡が弾け、どんどん消えて無くなっていきます。

3分経って泡を洗い流しても、髪が軋んだりゴワついたりすることもなく、指通り滑らかです。リンスやコンディショナーを使用しなくて済みます。

アミノ酸系洗浄成分をベースにしていますが、他のアミノ酸系シャンプーと比較すると若干洗浄力が高めに設計されていますので、洗い上がりは比較的サッパリします。

モンゴ流シャンプーは、不要な成分を極力排除した成分設計になっているため、敏感肌の編集担当者の場合も痒み等は一切ありません。また、他の育毛シャンプーと比較しても育毛によい成分をたっぷりと配合しているため3分間パックは是非日常にとり入れたいものです。

髪のボリュームアップ感

髪のハリ・コシ・ボリュームアップにこだわっているシャンプーだけあって、翌日の髪のボリュームアップ感にも満足できます。

ウーマシャンプープレミアムの軽くてふわっとしたボリュームアップ感とは少し異なり、少し重量感のあるボリュームアップ感です。

髪質がしっかりした方だけでなく髪が細くて猫毛のにも満足のいくボリュームアップが期待できると思われます。

ボリュームアップさせる機能は各々のシャンプーで特徴があります。髪質との相性もありますので、ときどき他のシャンプーなども試してみると良いと思います。

特にモンゴ流シャンプーは髪を育てるシャンプー作りに加えて髪のボリュームアップに関しても特に力を入れており、年々改良・進化していますので、進化したモンゴ流をもう一度試してみるのもいいかと思います。

参考:ボリュームアップシャンプーのランキング

モンゴ流シャンプーEXは、まさに育毛シャンプーと呼ぶに相応しく薄毛や抜け毛の改善に対して学術的根拠のある成分やハリ・コシボリュームアップ成分、また白髪対策成分などを豊富に配合しており、リニューアルを重ねるごとに進化していっています。

実際に1ボトル使用してみて

モンゴ流シャンプーEXは、他の育毛シャンプーと比較して洗浄力が高く、スカッと爽快感のあるシャンプーです。その使用感はプレミアムブラックシャンプーと類似しており、シャンプー後の潤い感もあります。

モンゴ流シャンプー到着画像

ツンとした独特の香りは好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的には嫌いな香りではありません。香りはシャンプータイムだけの香りでシャンプー後は殆ど残りません。

独特の配合成分で髪のまとまりもよく仕上がり、私のような比較的髪の毛が細い人でも、髪にハリとコシは感じられるようになります。

髪のボリュームアップ感も髪の毛1本1本が成分でコーティングされて太くなっているようで、他のシャンプーでは目立っていた頭皮の地肌もこのシャンプーを使用した翌日にはあまり目立たなくなります。私個人の髪質との相性も良いようです。

また、オウゴンエキスやビワ葉エキスをはじめAGAによる抜け毛の原因である5αリダクターゼという酵素の活性を抑制する成分が多数配合されているため、長く使い続けることで抜け毛の減少、薄毛の改善等の効果が確認できるかもしれません。

幸か不幸かモンゴ流シャンプーEXを使う頃には他のシャンプーや育毛剤のおかげで抜け毛はかなり減っていたので、さらなる抜け毛の減少という確認はできませんでした。現状維持というところです。

あと、デオドラント商品では有名な消臭成分である柿タンニンが配合されていることから頭皮臭対策としてもおすすめです。

尚、一般的な口コミでは、抜け毛の減少と髪のボリュームアップ感には高い評価が目立ちます。使い続けることで大きな効果が期待できるおすすめのシャンプーです。

参考:育毛シャンプーのランキングを確認する

管理人独自の評価
(ランキング順位とは無関係です)

洗浄成分 ★★★★★★☆
育毛成分 ★★★★★★★
香り ★★★★★★☆
泡立ち ★★★★★★☆
軋み ★★★★★★☆
ボリュームアップ ★★★★★★★
おすすめ度 ★★★★★★★

モンゴ流シャンプーEXの特徴や成分、口コミなど