ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは

ここでは、シリコン(シリコーン)の働きやシリコンの有害性、また、ノンシリコンシャンプーの注意点について解説します。

シリコン(シリコーン)の働き

シリコンとは、酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物です。厳密にはシリコーンといいます。熱や光に強い上、柔軟性や保湿性があり通気性が高いなど、さまざまな特長をもっています。人体に影響がないと考えられていることから日用品や食品、医薬品などの分野で広く活用されています。

シャンプーやリンス・コンディショナー、トリートメントなどに含まれているシリコンは、髪の表面(キューティクル)に付着して髪の毛をコーティングするコーティング剤の役割を果たします。

髪の毛の表面(キューティクル)に吸着して髪の毛をコーティングすることで、洗髪時の軋みや摩擦を抑えたり、髪をドライヤーの熱から守ったり、また、髪を乾かした後、髪の毛を保護すると同時に髪の艶や手触り、指通りやブラッシングをなめらかにし、しっとりまとまりやすくするなどの働きがあります。

ダメージヘアの場合は、傷んだ髪の毛を覆い、キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防する働きもあります。

シャンプーに配合されているシリコンの働き(メリット)
・髪同士の摩擦を軽減
・指通りをなめらかに
・髪の艶をアップ
・毛髪のダメージの軽減
・キューティクルの保護

サラサラした使用感を実現できるとして、シリコンが配合されたシャンプーは、古くから長い間愛用されてきたのは周知の通りです。

シリコンはシャンプー以外にも洗い流さないトリートメントやヘアワックスなどのヘアケア製品のほか、日焼け止めやファンデーションなどの化粧品にも配合されています。

シリコンに害はあるか

長い間愛用されてきたシリコンインシャンプーですが、近年、
・シリコンには害があり頭皮にダメージを与える
・保護の役割が強すぎる結果、頭皮や毛穴が詰まってしまう
・パーマのかかりやカラーリングに影響を与える、
・更にはシリコンが剥がれるのと一緒にキューティクルも剥がれ落ちてしまう
という見解や指摘も出てきました。

このようなこともあり、近年は、店頭でも育毛シャンプーやスカルプケアシャンプーコーナーでは、ノンシリコンシャンプーが標準となってきていますが、実際のところどうなのでしょうか。

シリコンは髪や頭皮にダメ-ジを与えるのか

一部の広告やサイトの中には、シリコンが頭皮に悪影響を及ぼすかのごとく記載されており、ノンシリコンシャンプーを推奨するところが見受けられますが、これらは説明が十分でなかったり内容が正確でないものがあるようです。

そもそもシリコンは、花王や資生堂といった大手メーカーによる実験でも刺激性がなく無害とされています。アレルギーも起こしません。

安全性も非常に高いものとして古くからシャンプーやコンディショナーに限らず体に触れる色々なものに使用されてきました。

頭皮や毛穴が詰まるのか

シリコンが毛穴に詰まって、正常な代謝を阻害するかということについても資生堂が実施した実験で否定されています。

シャンプーに配合しているシリコーンは、非常に細かい粒子のため、毛髪に過剰に付着することはありません。また、コンディショナーの成分として毛髪に残ったシリコーンも、次の洗髪時には洗い流されるため、毛髪に蓄積したり、毛穴に詰まることもありません。
引用元:資生堂:シリコンについて

シャンプーには、洗髪時の摩擦やキシミを軽減したり、髪の表面に薄い被膜をつくって保護し、手触りをよくすることを目的として配合されていますが、特にシャンプーに配合されているシリコンの場合は、シリコンの分子量も小さく配合量も少ないため、頭皮に残留するといったことは殆どないと考えられています。

一方で、リンスやコンディショナー、トリートメントなどに配合されているシリコンは、髪を保護するために髪の表面に厚い被膜を作る目的で配合されていますのでシリコンの分子量が大きく頭皮にも残留しやすい特徴があります。

このため、洗い流しが不十分な場合は、頭皮の毛穴にシリコンがつまり、育毛に影響を与えたり、育毛剤の浸透にも影響があるということも完全には否定できないという見解もあります。

また、シリコンのコーティング被膜はガーゼのような網状の被膜のため、毛穴を塞ぐことはないとの主張があります。

しかし、ガーゼのような網状の被膜も、できればあるよりは無いほうが育毛や育毛剤の浸透には良さそうな気もします。

いずれにしてもシリコンが配合されたシャンプーは洗い残しがないように十分にすすぎを行う必要があります。

シリコンはパーマやカラーリングのかかりに影響を与えるのか

シリコンは、髪の毛をコーティングすることからカラーリングやパーマの薬剤の髪の毛内部への浸透を妨げるため、かかりが悪くなるといった点も指摘されていますが、この点も花王の実験では否定されています。

ダメージ毛・健常毛の双方に対しシリコーン配合油剤、ノンシリコーン油剤で処理したのちにパーマのかかりやヘアカラーの染まりを調べた結果、シリコーン配合有無によるパーマ・ヘアカラーの効果の違いは見られませんでした。
引用元:花王:パーマのかかりやヘアカラーの染まりに影響を与えません

一方で美容師などがシリコンインのシャンプーやトリートメントを使った場合とそうでない場合のパーマのかかりを実験してシリコン入りの商品を使った場合にパーマのかかりが悪いことを証明しているブログなども見受けられますので見解が分かれるところです。

シリコンが剥がれるとキューティクルも剥がれるか

髪を保護するシリコンが剥がれると少なからずキューティクルが剥がれるという見解は否定できないようです。

シリコンは基本的に無害とされる見解がある一方でこれらのように懸念される事も少なからずあることから、最近はノンシリコン仕様に人気がでてきているという訳です。

尚、シリコンは、洗浄力を低下させ、泡立ちが悪くなる特徴があることから洗浄力の強い洗浄成分が同時配合される傾向があり、この点には注意を要します。

強い洗浄力(脱脂力)を持った界面活性剤を配合すると、健全な頭皮環境を維持するための皮脂を取り過ぎる場合があり、頭皮の乾燥や頭皮環境の悪化を招く恐れもあります。

このように、シリコンについてはその有害性について賛否両論ありますが、ここまでシリコンの有害性が高まり、ノンシリコンシャンプーが当たり前になってきたのは、メーカーがノンシリコンシャンプーを売り出すために、シリコンを悪だというイメージを世間的に植えつけたことにあると思われます。

シリコンの有害性を否定しているメーカーもノンシリコンシャンプーの販売を余儀なくされているのが現状です。

これらを踏まえて、シャンプーの場合も、シリコンとノンシリコンのどちらがベターかというとノンシリコンであることにこしたことはないというのが当サイトの見解です。

ノンシリコンシャンプーの注意点

最近は、シリコンには害があるという見解が先行し、ノンシリコンシャンプーというのがブームになっているのはこれまで述べた通りです。

しかし、ノンシリコンであるがゆえに注意すべき点もあります。

シリコンの代わりになる成分に注意

シリコンを配合しないノンシリコンシャンプーの場合、シリコンに代えてシリコンの役割を果たす成分を配合する必要があります。

一般的に成分表示名称として、
・ジメチコン
・シクロメチコン
・ジメチコノール
・アモジメチコン
・シロキサン
・シロキ
・シリカ
・シリル
・シラン
などの言葉が含まれている成分がシリコンに該当します。

最近の優れたシャンプーの中にはこれらのシリコンの効果を補う成分として天然成分を配合しているものが多く見受けられますが、そうでないものもあります。

特にシリコンの代わりに使われる
・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
・ステアルトリモニウムクロリド
・ベヘントリモニウムクロリド
・ベンザルコニウムクロリド
・セトリモニウムクロリド
といった低分子性カチオン活性剤が使われている場合は注意が必要です。

例えば、ステアルトリモニウムクロリドは、塩化ステアリルトリメチルアンモニウムとも言われ、1980年に薬事法で、「ごくまれにアレルギー等の皮膚トラブルを起こす恐れのある成分」として指定されていた旧表示指定成分です。

低分子性カチオン活性剤は水に溶けると髪に吸着してコーティング剤の役割をし、髪を保護して即効的にサラサラにしますが、危険性が懸念されているラウレス硫酸やラウリル硫酸などの石油系合成界面活性剤よりもさらにタンパク質変性(破壊)の作用が強力と言われています。

これらの成分がシリコンの代わりに配合されている場合でその量が比較的多いと思われる場合は、ノンシリコンといいながら頭皮にはシリコンより大きな負担をかけてしまいますので注意が必要です。

また、シリコンの効果を補う成分として植物オイル(天然成分)を配合する場合もアルガンオイルやホホバオイルといった高級なものでなければ、時間とともに酸化が進み、頭皮臭の原因となる場合があるので注意が必要です。

つまり、ノンシリコンだからといってシリコンより良いとは決して言えず、むしろ注意する点も多くなるということが言えます。

 ノンシリコンシャンプー使用時の注意点

今までシリコン入りシャンプーを長い間使用していた方は、ノンシリコンシャンプーに切り替えたばかりの時は、以前と比べると一時的に髪の毛が少しきしむと感じる場合があります。

これは、今まで蓄積されていたシリコンが頭髪から落ち始めて本来の健全な髪に戻り、真のハリ・コシ・ツヤのある髪に戻っていく過程と考えられています。

また、シリコンは髪のボリュームにも影響を与える場合があります。付着したシリコンの重量で髪がペタンコになり、髪のボリューム感が落ちるとも言われています。

このようなことから、育毛を考えた場合、シリコンの代わりになる成分を頭皮に負担をかけない天然成分などで補ったノンシリコンアミノ酸系シャンプーがベストだと考えます。

当サイトで厳選して紹介している育毛シャンプーおよびボリュームアップシャンプーは、ノンシリコンシャンプーをベースにランキングしています。

また、特にノンシリコンの成分にこだわったノンシリコンシャンプーを厳選してランキングしたノンシリコンシャンプーおすすめランキングもあります。