プラセンタシャンプーは育毛効果が期待できるか

プラセンタシャンプーの効果

プラセンタシャンプーにはどのような効果があるかご存じですか?

プラセンタには育毛を促進する成長因子が含まれており、毛髪の再生医療にも活用されています。近年は、育毛シャンプーや育毛剤などでもプラセンタが活用されています。ここでは、プラセンタの効果とプラセンタを配合したシャンプーを紹介します。

プラセンタとは

プラセンタ(placenta)とは、日本語で母親と赤ちゃんをつなぐ「胎盤」のことで、英語でプラセンタといいます。

胎盤は、母親の胎内で妊娠中にだけ作られる臓器で、胎児が成長する間、爆発的な細胞分裂や様々な組織や器官に分化する過程を見守る器官です。

母体から必要な栄養や酸素などを取り込んで胎児に送ったり、成長因子を生産・分泌して胎児に送ったり、また老廃物の排泄などをする役割を担ってます。

胎盤は出産後に羊膜とともに体外に排出されますが、この胎盤にはアミノ酸をはじめ、ミネラルやビタミン、成長因子といった様々な栄養が含まれており、その働きから古くから治療薬や美容・健康目的で使われてきました。

エジプトでは女王クレオパトラが、フランスではマリー・アントワネットが若返りや美容目的でプラセンタを活用していたというのは有名な話です。

プラセンタには、ヒト由来のものから馬・豚・羊のもの、さらには、植物由来のものまでありますが、ヒト由来のプラセンタ製剤の製造は認可された特定の製薬メーカーだけしか認められておらず、医療機関だけがその使用や処方が認められています。

また、植物由来のプラセンタは肝心の成長因子を含まず、羊のプラセンタは、狂牛病に似たスクレイピーという伝染病の関係で日本政府がその使用に規制をかけているため、一般的に流通しているものは、馬か豚由来のものとなります。

特に最近は、品質や安全性が高く評価されているアミノ酸などの栄養価が高い馬の胎盤を原料としたものに人気があり、中でもサラブレッドやキルギス産といった高品質の馬のプラセンタに人気があります。

臍帯(さいたい)エキス

臍帯(サイタイ)とは、胎盤と胎児をつなぐ白い管状の組織のことで、一般的にはへその緒と言われています。そして、臍帯エキスとはへその緒のエキスのことをいいます。

臍帯には天然のヒアルロン酸やアミノ酸、コンドロイチンといった美容に役立つ成分が豊富に含まれており、肌を保湿し、ハリや柔軟性を保つ働きからプラセンタとともに様々な美容関連商品に活用されるようになってきました。

臍帯のなかに含まれる臍帯血には、幹細胞という体のさまざまな種類の細胞のもとになる細胞が豊富に含まれています。

白血球や赤血球、血小板のもととなる造血幹細胞や中枢神経・自己免疫・虚血性障害などの修復に役立つ可能性を持つ細胞などの幹細胞を含んでいることから、臨床試験や研究段階にある再生医療・細胞治療への将来的な応用が期待されています。

プラセンタの効果

プラセンタには更年期障害や肝機能を改善する効果があるとして医療の分野でも50年以上前から活用されています。

乳汁分泌不全や更年期障害などの治療薬としてのメルスモン、肝機能障害の治療薬としてのラエンネックは、認可を受けた治療法として有名です。

さらにプラセンタには、抜け毛・薄毛予防にも効果があることがわかってきています。抜け毛・薄毛に対して期待できる効果の内容には以下のようなものがあり、これらの作用は医療機関による毛髪の再生医療にも活用されています。

成長因子による育毛促進

プラセンタには多くの成長因子が含まれています。成長因子とは、細胞増殖因子とも呼ばれ、毛母細胞を含む細胞分裂を活発にして新たな細胞を生み出し、頭皮の血流を良くし、新陳代謝をアップさせる作用があります。

これらの作用があることから、プラセンタエキスは、医療分野(再生医療)においても活用されています。

実際、成長因子やその他の栄養素で毛母細胞を活性化させ効率よく発毛を促進できるとして多くの薄毛治療クリニックでプラセンタ療法として頭皮などにカクテルとしてプラセンタを直接注入する治療を行っています(ヒト由来プラセンタのみ)。

育毛効果が出るメカニズムまではまだ科学的に解明されているわけではありませんが、プラセンタに含まれるIGF-1(インスリン様成長因子)やKGF(増殖因子)といった成長因子(gf)が、育毛に作用すると考えられています。

注入された成長因子が毛母細胞を活性化したりホルモンの分泌やホルモンバランスの正常化に働きかけたり、新陳代謝をアップさせることで直接的・間接的に育毛を促すと考えられており、男性のみならず女性の薄毛にも効果が期待できるのが特徴の一つです。

特に女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れによりヘアサイクルの成長期が短縮するのが原因である場合が多いため、効果が期待できると考えられています。

栄養補給による育毛促進

プラセンタには成長因子のほか発毛治療に重要なビタミンやミネラル・アミノ酸、ミネラル、核酸など様々な栄養素が含まれています。

血行促進や抗酸化作用、基礎代謝向上、また自律神経調整やエイジングケア作用など様々な働きがあることもあることから発毛・育毛に良い影響を及ぼしているのではないかと考えられています。

最近では、ホンマでっかTVでも女医がプラセンタの育毛効果を紹介したことから、話題を呼んでいます。

男性ホルモンの抑制で抜け毛抑制

男性の抜け毛・薄毛の原因として最も多いと言われるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に存在する5αリダクターゼという酵素によって悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、そのDHTがアンドロゲンレセプターと結合して脱毛因子を産出することで進行していきます。

AGAの流れ

髪の毛はヘアサイクルと言われる独自の周期で生えては抜けるを繰り返していますが、健康な髪の毛であれば2年から6年ほど成長を続けるところを、AGAを発症すると数ヶ月といった短い期間で抜け落ちるようになります。

つまり、AGAを発症するとDHTが過剰に生成され、受容体と結合することで髪の毛がすぐに抜け落ちてしまうためです。

これに対してプラセンタの製造メーカーとして有名なスノーデン社によるラットの実験によれば、プラセンタエキスの中には、アンドロゲン作用を抑制する物質が存在することが示唆されており、
・DHTの作用を抑える働きと、
・アンドロゲンレセプターの産出量を減少させる働き
があることが示されています。

参考:ブタプラセンタエキスの前立腺癌細胞増殖抑制と前立腺肥大抑制効果 J-Stage

プラセンタの副作用

副作用に関しても、長年にわたって実施されてきたプラセンタ注射でも今のところ感染症を含め重篤な副作用の報告はありません。サプリメントやドリンクとして使用される場合は、さらに安全性も高いと考えられます。

育毛効果が期待できるプラセンタシャンプー

このようにプラセンタには育毛効果が期待でき、重篤な副作用の報告もないことから近年ではプラセンタや成長因子を配合する育毛剤や育毛シャンプーも増えてきています。

プラセンタを配合するシャンプーとして代表的なものが、
SORAスカルプシャンプーGOLD
という男性用のシャンプーです。

SORAスカルプシャンプーは、老舗のスカルプケア専門店とプラセンタ専門の原料メ-カーが共同開発したプラセンタシャンプーで、安全性と品質が最も高いと言われる馬由来のプラセンタを配合しています。

他のプラセンタシャンプーと比較して特徴的なのが、プラセンタエキスの配合量が水についで2番目と非常に多く、プラセンタの持つ育毛作用を存分に発揮できる点にあります。

プラセンタシャンプーの成分表

シャンプーボトルの裏面の成分表を確認してみればわかりますが、「水」の後はほぼ例外なく洗浄成分(界面活性剤)の名前があります。

一般的なシャンプーの場合、水と洗浄成分でその9割ほどを占めますが、このシャンプーの場合は洗浄成分より前にプラセンタエキスがあるということで常識では考えられない成分構成となっています。プラセンタでシャンプーをすると言っても過言ではありません。

リニューアルでキャピキシルという成分も配合しましたので益々育毛効果が期待できると考えられます。

原料が高価で販売価格が高いにも関わらず、育毛シャンプーのランキングでも上位にランクインしてるおすすめのシャンプーです。男性用のシャンプーとしてランキングされていますが、女性のユーザーも多いのが特徴です。

抜け毛・薄毛対策の育毛シャンプー ランキング

薄毛にお悩みの男性におすすめの育毛シャンプーをランキング形式で紹介。効果が期待できる成分や口コミや人気、価格などを独自の評価基準で比較してランキング形式で紹介しています。すぐれたシャンプーを使うのは育毛の基本です。あなたに合った育毛シャンプー選びの参考にして下さい。

育毛シャンプーのランキング(男性用)を確認する

尚、プラセンタエキスは、CA101という女性用の育毛剤にも配合されています。

CA101育毛剤に配合されるプラセンタは、1,000気圧で抽出し、通常の精製水抽出では得られない、必須アミノ酸を高濃度に含む高圧抽出プラセンタエキスです。