ラウロイルメチルアラニンNaの成分性質と配合しているシャンプー

ラウロイルメチルアラニンNaの成分特徴

ラウロイルメチルアラニンNaは、ヤシ油やパーム核油など植物由来の油を加水分解して得られるラウリン酸に、メチルアラニンというアミノ酸を結合させたナトリウム塩で、陰イオン(アニオン)界面活性剤に分類されます。

ラウロイルメチルアラニンNaは、界面活性剤の中でも低刺激で安全性が高いアミノ酸系の洗浄成分です。アミノ酸系の洗浄成分で最も優れた成分の一つと言われ、良質なシャンプーに配合されている成分の一つです。

適度な洗浄力と脱脂力で肌に必要な皮脂も残してくれますので乾燥を防ぎ肌のバリア機能を活かすことができます。弱酸性で、髪や頭皮にダメージを与えることなく優しく洗い上げてくれます。

また、泡立ちも良く洗い上がりは髪の毛がふんわりと仕上がるので、ボリュームアップを期待する方にとっては適した洗浄成分と言えます。ボリュームアップシャンプーと称されるシャンプーにも配合されている場合があります。

特に他のアミノ酸系界面活性剤にない特徴として硬水でも気泡力(きめ細かい泡を作り出すこと)に優れている点があげられます。

アミノ酸系の洗浄成分としては、機能性が高いため比較的高価な成分になります。

ラウロイルメチルアラニンNaの安全性・副作用

ラウロイルメチルアラニンNaの安全性・毒性は、弱酸性で刺激が少く重大なアレルギー報告もないため安全性も高いとされています。

ラウロイルメチルアラニンNa配合のシャンプー

女性用育毛シャンプーの
ハーブガーデンシャンプー
マイナチュレシャンプー
男性用育毛シャンプーの
リマーユスカルプシャンプー
などに配合されています。