スカルプDシャンプーの特徴と口コミ、成分評価など

スカルプDシャンプー

予防医学のアンファーから販売されているスカルプDシャンプーは、170万人の臨床データを基に、提携するクリニックの24人のドクターとの共同研究で開発された薬用シャンプーです

テレビのCMやLOFTなどの実店舗での露出も高く、最も知名度の高いスカルプシャンプーとして有名です。

2005年に一般販売が開始されて以降、10回以上のリニューアルを繰り返しながら進化しています。頭皮の「厚み」が抜け毛を左右するということに着目し、「頭皮を洗う」から、「頭皮を変える」シャンプーへと進化しています。

スカルプDシャンプーの特徴

スカルプDシャンプーは、頭皮に厚みに着目したスカルプシャンプーです。

頭皮の構造の詳細を最新の画像検査で観察したところ、毛髪が十分にある男性の頭皮は分厚い傾向があり、薄毛の男性の場合は頭皮特に皮下の脂肪が薄くなっていることや毛包の底の部分が浅くなっていることを発見。

これに伴い、頭皮が厚いことで毛包がしっかり根付き、ハリコシのある丈夫な毛髪に導くことができると考え、シャンプーに活かすことを考えました。

スカルプボリューマーを配合

頭皮ケアの革命をめざし、何百種類もある原料を精査。しっかり根付かせる作用が期待できる「クロレラ」と「セイヨウニワトコエキス」の2つの厳選成分を配合しました。

クロレラは、光合成能力が他の植物の数十倍あり、細胞分裂の速さも人間の2倍、また栄養豊富で神秘の植物と言われており、頭皮環境を整える作用を持ち、セイヨウニワトコエキスは、タンニン、フラボノイド、シトステロールなどの有効成分を豊富に含み、頭皮を健康的に保つ整肌作用があります。

豆乳発酵液配合

スカルプDシャンプーは、男性の抜け毛・薄毛の原因である悪玉男性ホルモンにアプローチする成分として、
・豆乳発酵液
・カッコンエキス
・ホウセンカエキス
・バンジョロウ葉エキス
の4種類を配合。

特に豆乳に着目した豆乳発酵液は、黒大豆・青大豆・黄大豆の3種類の豆からなり、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするイソフラボンを豊富に含みます。

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンは、男性ホルモンの働きを穏やかにするようアプローチすることで、男性の抜け毛・薄毛の抑制に作用します。

豆乳に着目した豆乳発酵液

有効成分の浸透率を最大化

スカルプDシャンプーは、有効成分の浸透率にも着目。細胞間の浸透ルートを広げるラメラエクスパンダーを配合し、有効成分の通り道を作ることで頭皮の奥底(角質層)まで素早く確実に届け、浸透実感の高まる頭皮へと導きます。

有効成分の浸透率を最大化

髪の毛のボリュームアップする成分を配合

スカルプDは髪のボリュームアップにも配慮。ハリコシ成分が外側から髪の毛を補修し、それとは別にインナーボリューム成分が毛髪内部に浸透。髪の毛のボリュームアップにもアプローチします。

ハリコシ成分 グリセリル -N-(2-メタクリロイルオキシエチル) カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体
インナーボリューム成分 ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液

肌質毎のシャンプーの特徴

スカルプDシャンプーは、肌質ごとに、
・オイリー肌用
・ドライ肌用
・ストロングオイリー肌用
を用意。季節ごとに変化する自分の頭皮の皮脂量に合わせて選ぶことができます。

タイプによって成分も大きく変化しますので、ドライ肌の人がオイリー肌用のシャンプーを使うといった場合、軋みやごわごわ感が強く出るといったことがあります。

オイリー肌用・ストロングオイリー肌用

オイリー肌用は言うまでもなく頭皮が脂っぽくベタつきが感じられる方用で、ストロングオイリー肌用は、その状態がさらに酷い人用です。

洗浄力が高い成分を配合し皮脂抑制効果を高め、保湿効果を少し低めに設定しています。

ドライ肌用

一方、ドライ肌用は、洗浄力が弱めで皮脂を取りすぎない洗浄成分を中心にアロエベラエキスやオリーブ由来成分などで保湿力を高めています。

肌質タイプごとのシャンプーの特徴

自分の肌質がわからない場合は、以下のページを参考にして下さい。

参考:頭皮の肌質によるシャンプー選び

スカルプDシャンプーの口コミ

スカルプDシャンプーの口コミとしては、

泡立ち、スッキリ感ともにいいシャンプーだと思います。髪にボリュームが出てセットし易くなります。
普通肌だと思います。最初はどちらがいいか悩み、オイリー肌用を使いましたが髪がギシギシ軋みました。非常に使い辛かったのですがドライ用に変えると問題なく洗えました。1本損しました。
柑橘系の香りでさっぱりしています。シャンプー後の爽快感がよく使用感には満足しています。気になっていた頭皮のベタつきもシャンプー後はスッキリします。
リニューアルで泡立ちが良くなり軋み感も少し改善されたように感じます。
暫くは変化を感じませんでしたが、最近では明らかにシャンプー時の抜け毛が減ってきたように感じます。洗い心地や洗い上がりもいいと思います。これからも使い続けたいと思います。
脂性肌用を使っています。気になる頭皮臭も薄らいでおり髪の毛にハリとコシが出てふんわり増えた気がします。気に入っています。
夏はオイリー、冬はドライで使い分けています。おかげで抜け毛が減ってきたように感じています。
CMなどでよく見かけるので購入してみました。育毛という意味では効果は感じられません。洗い上がりは普通です。
旦那がもうかれこれ5年ほど使っていますが、特に髪が増えたり抜け毛が減ったかというとそういったことはないようです。
ラウリル硫酸Naという成分やシリコンが入ってなく、アルガンオイルが入ったアミノ酸系のシャンプーということで成分的には非常に満足しています。使ってみた感じはごく普通のアミノ酸系シャンプーと言う感じです。
良いと評判のシャンプーを使っていたのですが刺激が強すぎて湿疹が出来たり、抜け毛が増えたりしました。今度は失敗しないようにと色々調べて、アルガンK2シャンプーを使うようにしました。洗いあがった後の爽快感は劣るものの湿疹が無くなった気がします。
商品の価格が高いと思います。それにしてもこれだけニーズがあり売れ続けているのに詰め替え用がないのがわかりません。毎回ボトルも新しいものにチェンジして勿体ないような気がします。
商品の価格が高いと思います。それにしてもこれだけニーズがあり売れ続けているのに詰め替え用がないのがわかりません。毎回ボトルも新しいものにチェンジして勿体ないような気がします。

※口コミや評価は、あくまで個人の感想であり効果を保証するものではありません。

といった意見があります。

編集部からのコメント

評価: 4.5スカルプDシャンプーが有効成分として配合しているピロクトンオラミンは、防腐剤として機能するとともに一定以上の濃度で配合されるとフケ防止の効能効果が謳えるようになる成分です。頭皮の刺激になるとの見解もありますが、毛根の細胞にアプローチして脱毛を防ぐ効果もあると考えられています。また、有効成分として配合しているサリチル酸は、ニキビケアにも使われますが、角質を薄くして柔軟にする働きやフケ防止、抗炎症、殺菌、抗菌作用などがあります。 高い角質溶解・軟化作用があるのでピーリング剤(皮膚の角質を新しい角質へと代謝を促す)としても使用されます。

テレビのCMやLOFTなどでの店舗でも大々的に宣伝しているだけあって販売数は最も多いスカルプシャンプーです。それだけユーザーが多いこともあり、抜け毛が増えたなどネガティブな意見も見られますが成分を確認するとアミノ酸系洗浄成分等頭皮に優しい洗浄成分でまとまられ、AGA(男性型脱毛症)の原因と言われる5αリダクターゼという物質に対抗する成分(豆乳発酵液)や、髪の毛にボリュームを与える成分など一通り配合しており、優れたシャンプーと評価できます。

スカルプDシャンプーの価格・内容量・成分

価格 通常購入:3,900円
定期購入:3,315円
以上、税込:送料無料 ※3,000円以上は送料無料
内容量 350ml(約2ヶ月)
主成分 <オイリー肌用>
有効成分:ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、サリチル酸
その他の成分:豆乳発酵液、クロレラエキス、セイヨウニワトコエキス、スルホコハク酸ラウリル二ナトリウム、N-混合脂肪酸(C12,C14)アシル-L-アスパラギン酸トリエタノールアミン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、加水分解ケラチン液、ヤシ油脂肪酸加水分解ケラチンカリウム液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、ニンジンエキス、カッコンエキス、バンジロウ葉エキス、ホウセンカエキス、イリス根エキス、チンピエキス、酵母エキス(1)、ヒドロキシプロピルキトサン液、1,2-ペンタンジオール、ローヤルゼリー発酵液、N-オクタノイルグリシン、党参抽出物加水分解液、酵母エキス(3)、モノラウリン酸ポリグリセリル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ユーカリ油、ハッカ油、オレンジ油、スペアミント油、1,3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、濃グリセリン、エタノール、粘度調整剤、pH調整剤
販売
業者
アンファー株式会社