1. HOME
  2. シャンプーの成分一覧

ランキングMENU

抜け毛・薄毛対策TOP

男性の育毛シャンプー
ランキング

女性の育毛シャンプー
ランキング

ボリュームアップシャンプー

男性用育毛シャンプー一覧

チャップアップシャンプー

ウーマシャンプープレミアム

プレミアムブラックシャンプー

モンゴ流シャンプーEX

SORAスカルプシャンプーGOLD

LUXEシャンプー

イクオスブラックシャンプー

Growth Project
アロマシャンプー

リマーユスカルプシャンプー

アルガンK2シャンプー

スカルプDシャンプー

リアップエナジーシャンプー

INZEALシャンプー

ヘアリプロシャンプー

BAKUシャンプー

プログノ126EXplusシャンプー

ブブカシャンプー

S-1シャンプー

女性用育毛シャンプー一覧

CA101シャンプー

kurokamiスカルプ

マイナチュレシャンプー

ハーブガーデンシャンプー

オレンジシャンプー

アロマのやさしさ

HARICOCシャンプー

女性用リマーユヘアシャンプー

髪萌シャンプー

パールリッチシャンプー

オーロラシャンプー

髪美力シャンプー

アスタリフトシャンプー

うるおってシャンプー

ポッシュヘアケアシャンプー

花しゃん

柿のさちシャンプー

守り髪シャンプー

ドクターボーテムシャンプー

シャンプーに関する知識

育毛シャンプーの知識

シャンプーの成分

シャンプーの成分一覧

髪の基礎知識

髪や頭皮の知識関連

抜け毛・薄毛対策

抜け毛・薄毛の知識

AGAの知識

AGAに関する知識関連

育毛・発毛に関する知識

育毛・発毛の知識

薄毛を改善する生活習慣

薄毛を改善する生活習慣

育毛を促進する成分

育毛を促進する成分一覧

育毛シャンプーに配合されている成分

シャンプーの成分

通常、男性用シャンプー・女性用シャンプーともにシャンプーの60%程度は水でできており、そのあとに洗浄成分である界面活性剤が約30%、残りの1割ほどが育毛成分や添加物などの成分で占められています。

シャンプーに配合されている成分は、シャンプーボトルの裏面やパッケージなどに記載されている成分表で確認することができます。

化粧品扱いの一般的なシャンプーの場合、成分表示は、配合量の多い順から全成分を記載するよう義務付けられています(※医薬部外品はこの限りではありません)。

多くの場合、1番目に記載されているもの(最も多く配合されているもの)は「水」となっています。通常は、それに続く2番目から3つくらいまでに表記されている成分が洗浄成分で、シャンプーを評価する上では非常に重要な要素となります。

男性用の育毛シャンプーのランキング女性用の育毛シャンプーのランキングでは、ともにランキングを決定する上でこの洗浄成分に何が使われているかということを最も重要な要素として評価しています。

具体的には、脱脂力が適度で頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を配合しているものがランキング評価が高くなり、石油系・高級アルコール系の刺激が強くタンパク質変性作用が高い洗浄成分を配合しているものはランキング評価を低くしています。

以下が育毛シャンプーによく配合されている成分です。その成分の特徴とその成分を配合している男性用・女性用のシャンプーを紹介していますので育毛シャンプー選びの際に役立てて頂ければと思います。 

成分名(あいうえお順) 成分の特徴
エタノール シャンプーに配合される場合は、静菌作用で雑菌などの繁殖を防いで品質を安定させるために安定剤として配合されています。
エタノールの特徴
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na 泡立ちの良い界面活性剤ですが、洗浄力が強く必要以上に脱脂するのが欠点です。皮膚刺激・タンパク質変性作用もあるので注意が必要です。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naの特徴
加水分解シルク 優れた天然の保湿成分で乾燥を予防、皮膜形成効果によって傷んだ髪を補修し、髪にハリとコシ・光沢(ツヤ)を与えます。
加水分解シルクの特徴
グリセリン グリセリンは天然の皮膚成分のひとつで、古くから使われてきた安全性の非常に高い保湿成分です。
グリセリンの特徴
グリチルリチン酸2K
(グリチルリチン酸ジカリウム)
漢方薬ではポピュラーな甘草(カンゾウ)に含まれる成分です。抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。
グリチルリチン酸ジカリウムの特徴
コカミドDEA ヤシ油から造られる非イオン性の界面活性剤。クリーミーな泡立ちが特徴的です。医薬部外品に分類されるシャンプーには、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミドという名称で表示されます。
コカミドDEAの特徴
コカミドプロピルベタイン 両性界面活性剤。天然由来成分の割には洗浄力が強め。低刺激でアレルギーも少なく安全性が高いためベビー用シャンプーとしても使用されています。
コカミドプロピルベタインの特徴
ココアンホ酢酸Na 油脂を乳化させる作用と、硬水中でも洗浄力や起泡力が落ちず、とてもマイルドでコンディショニング効果もある洗浄剤です。
ココアンホ酢酸Naの特徴
ココイルメチルタウリンNa ヤシ油とタウリン誘導体で構成される界面活性剤です。洗いあがりはさっぱりタイプでしなやかにふんわり仕上がります。
ココイルメチルタウリンNaの特徴
ココイルグリシンK アミノ酸の一種であるグリシンとヤシ油脂肪酸からなるアミノ酸系界面活性剤で、別名「N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム」とも言われます。
ココイルグリシンKの特徴
ココイルグルタミン酸Na アミノ酸系界面活性剤。4つに分類されている界面活性剤の一つで陰イオン系界面活性剤に分類されています。
ココイルグルタミン酸Naの特徴
ココイルグルタミン酸TEA ココイルグルタミン酸TEAは、もっとも刺激が弱い界面活性剤の一つで比較的古い部類に入ります。
ココイルグルタミン酸TEAの特徴
メントール メントールは、ニホンハッカやペパーミントから抽出される成分でアルコールの一種です。ひんやりとした清涼感が特徴です。
メントールの特徴
ラウラミドDEA ヤシ油やパーム油を原材料としてできるラウリン酸とジエタノールアミンを合成して作られているのがラウラミドDEAです。
ラウラミドDEAの特徴
ラウレス-4カルボン酸Na 植物から抽出したアルコールと酢酸で作った弱酸性の石鹸系洗浄成分です。頭皮や髪のタンパク質に対しても刺激が弱く、洗浄力が高いのが特徴です。
ラウレス-4カルボン酸Naの特徴
ラウリル硫酸Na 非常に強い脱脂力を持つ陰イオン界面活性剤です。泡立ちが良く強い洗浄力があり、刺激が強いのが特徴です。この成分を配合したシャンプーはランキング評価において低い評価を受けます。
ラウリル硫酸Naの特徴
ラウレス硫酸Na 非常に強い脱脂力を持つ陰イオン界面活性剤です。泡立ちが良く強い洗浄力があり、刺激が強いのが特徴です。この成分を配合したシャンプーはランキング評価において低い評価を受けます。
ラウレス硫酸Naの特徴
ラウロイルサルコシンNa・TEA ラウロイルサルコシンNaは、古くから使用されていたアミノ酸系界面活性剤で、アミノ酸シャンプーというのが世に出てきた当時によく使われていた成分です。
ラウロイルサルコシンNa・TEA
ラウロイルメチルアラニンNa ヤシ油やパーム核油など植物由来の油を加水分解して得られるラウリン酸に、メチルアラニンというアミノ酸を結合させたナトリウム塩で、陰イオン界面活性剤に分類されます。
ラウロイルメチルアラニンNaの特徴

  

ランキングの順位について 運営者情報と免責事項 プライバシーポリシー サイトマップ

Copyright (C) 2013 薄毛対策の決定版「育毛大全」 All Rights Reserved.



▲TOPへ