育毛シャンプー選びのポイント

育毛シャンプー選びのポイント

ここでは、育毛シャンプー選びで確認するポイントについて解説します。

育毛シャンプー選びのポイント

育毛シャンプー、スカルプシャンプーといわれるシャンプーには、「育毛のために頭皮環境を整えたり育毛を促進したりする」役割がありますが、やはり基本的な機能は、頭皮や毛髪の汗や皮脂、フケや埃などを洗い流すことにあります。

育毛シャンプー選びで最も重要なポイントは洗浄成分

一般的なシャンプーの約60%は水でできていますが、次に配合量が多いのがシャンプー全体の約30%程度を占めていると言われる洗浄成分である界面活性剤です。

育毛を促進する成分としていくら優れたものを配合していても頭皮に悪影響を与える洗浄成分が配合されていては本末転倒です。

洗浄という機能がメインであるシャンプーで、界面活性剤にどのような成分が使われているかは、育毛シャンプーを選ぶ上で、最も重要な要素となります。

洗浄成分はアミノ酸系シャンプーを選ぶ

シャンプーには洗浄成分として界面活性剤というものが使われています。

界面活性剤とは、物質の境の面(界面)に作用して、性質を変化させる物質です。

本来、水と油は混ざり合いませんが、界面活性剤は、親水基と親油基という分子を持ち、これらが水と油の境界に作用して混ぜ合わせ(乳化)る働きを持っています。

この作用で、水だけでは落としにくい皮脂を洗い流したり、シャンプーを泡立てたりします。界面活性剤は、シャンプーだけでなく、洗濯用洗剤や食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、化粧品、医薬品など様々な日用品に使用されてます。

界面活性剤は、その原料によって大きく、
・アミノ酸系や石鹸系などの「天然系界面活性剤」と
・石油系・高級アルコール系の「石油系界面活性剤」
に分類されますが、シャンプーなどでは、一般的に、
・アミノ酸系
・石けん系
・石油系・高級アルコール系
に分類されて評価されます。

この中で、特に育毛を考えた場合はアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーがおすすめです。

アミノ酸系洗浄成分は、人と同じアミノ酸でできているだけあって、低刺激で頭皮に優しく洗浄力も適度です。

原料が高いため販売価格も少し高価になってしまいますが、皮脂を取り過ぎることなく保湿性に富み頭皮と髪を痛めずに優しく洗いあげることができます。

抜け毛や薄毛で悩む人や敏感肌、乾燥肌の人、アトピー性皮膚炎やアレルギー体質の人も男性・女性を問わず安心して使えると行ったメリットもあるため、近年の育毛シャンプーやスカルプケアシャンプーと言われるものの殆どがアミノ酸系洗浄剤を配合しています。

参考:アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリント

石けん系シャンプーの特徴

石けん系の界面活性剤は、石油系・高級アルコール系と比較すると頭皮への刺激は弱いのですが、脱脂力は非常に強く、皮脂を取り過ぎてしまう特徴があります。

また、アルカリ性のため弱酸性である頭皮や髪へのダメージもあるとされており、育毛を考えた洗浄成分としてはアミノ酸系の洗浄成分に軍配が上がります。

石油系・高級アルコール系の特徴

シャンプーには、水だけではなかなか落ちない皮脂を洗い流すという役割があります。

皮脂はベトついたり、時間とともに酸化して頭皮臭の原因になったりと悪いイメージが先行していますが、汗と混じって皮脂膜となり、頭皮や毛髪を細菌やウィルス、紫外線などの外敵から守ったり、頭皮の水分の蒸発を防ぐといった重要な役割があります。

過剰な皮脂や皮脂の放置は様々な頭皮トラブルの原因となりますが、適度な皮脂は頭皮環境や育毛に欠かせない存在なのです。従って、取りすぎることも良くなく、程よく残してやることが頭皮環境にはプラスに働きます。

石油系・高級アルコール系の界面活性剤は泡立ちが良く、サッパリ爽快な洗い上がりが実現できるとして特に男性には好まれる成分です。

原料が安く低コストで製造できるためシャンプーの販売価格を安価に抑えることができ、市販の多くのシャンプーに配合されていますが、洗浄力が非常に強く必要以上に皮脂を取り除いてしまうという特徴があります。

皮脂を取りすぎると頭皮の乾燥を招き、その結果、頭皮環境を守るバリア機能が低下して細菌やウィルス、紫外線などの外敵からの刺激に弱くなり、荒れやすく敏感な肌になってしまい、肌トラブルの原因になりかねません。

また、石油系。高級アルコール系洗浄成分は、タンパク質変性作用(タンパク質を破壊する作用)も強いと言われているため、これらが配合されているシャンプーを使い続けることで毛穴から浸透した成分が蓄積し、抜け毛や薄毛の原因となる場合もあると言われています。

石油系・高級アルコール系の界面活性剤をメインに配合したシャンプーは、スーパーやドラッグストア、コンビニなどでよく販売されています。

パッケージの成分表に、
・ラウリル硫酸Na(ナトリウム)
・ラウレス硫酸Na(ナトリウム)
・ラウレス硫酸アンモニウム
といった名前を発見したら注意が必要になります。

これらは、昭和40年代頃に当時の厚生省(現在の厚生労働省)が、「ごくまれに重篤なアレルギーなどの皮膚トラブルを起こす恐れのある成分」と告示した成分「旧表示指定成分」にも指定されています。

参考:高級アルコール系シャンプーのメリット・デメリット

尚、ラウレス-4カルボン酸、ラウレス-5カルボン酸などという名前が似た煩わしい成分が配合されているシャンプーを見かけることがありますが、こちらは刺激が低く安全性が高い成分とされています。
※4とか5の数字が低いほど低刺激となります。

頭皮に悪影響を与えるか否かを見極めるポイントとしては、成分表に「硫酸」という文字があるかないかを確認する方法が最も簡単です。

気になるシャンプーで「硫酸」という文字が発見できたらネットなどでどういう成分か調べてみるのもいいでしょう。

また、最近は、上記の成分に変えて
・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
という成分を配合しているシャンプーも目立ちます。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naも高級アルコール系洗浄剤の一種です。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといったものと比較すると刺激はやや弱めですが、やはり、脱脂力が非常に強くタンパク質変性作用もあるためメインで配合されているシャンプーには注意が必要と言われています。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、原価も安く旧表示指定成分に指定されていませんので、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naを使っていないシャンプーとのふれこみで使用されることが多くなってきました。

シャンプーボトルの成分表を確認し、最初から3つめほどまでにこれらの名前の成分の記載があったらメインとして配合されているため要注意です(※)。

※医薬部外品扱いでないシャンプー(化粧品扱いのシャンプー)は全成分を配合量が多い順に記載しなければならないというルールがあります。シャンプーボトルの裏などに書いてある成分表を見て、上記の成分が最初から3番目くらいまでに確認できたら配合量が多いという判断ができます。

頭皮に悪影響を与える成分の排除

優れた洗浄成分であることが確認できたら次に頭皮に悪影響を及ぼす成分(各種添加物)が入っていないかを確認します。

人工的に作られた着色料や香料、また、シリコンなどの合成ポリマー、パラベンなどの合成防腐剤、アルコールなどは頭皮に悪影響を及ぼす可能性がある成分ですので、これらを極力配合していないシャンプーを選びます。

優秀な育毛シャンプーはこれらの成分の働きを他の天然成分でカバーし、これらを極力配合していないことを表示しています。

配合されている洗浄成分と香料や着色料などの添加物が問題のないことを確認したら、育毛成分や使用感、価格を見て、自分に合った育毛シャンプーを選ぶようにします。

育毛シャンプー選びの項目の優先順位

ノンシリコンシャンプー

近年、ノンシリコンシャンプーというものがブームになっています。

シリコンは、髪の表面に付着して皮膜を作り、毛髪のダメージを軽減するほか、手触りや櫛通りを良くしたり艶を与えたりする働きがあります。コーティング剤として古くからシャンプーやコンディショナーなどに配合されてきました。

しかし、近年、洗い流しが不十分な場合は、頭皮の毛穴にシリコンがつまり、育毛に影響を与えたり、育毛剤の浸透にも影響があるという見解が出てきました。

また、髪の表面に付着したシリコンの皮膜がパーマやカラーの液の浸透を妨げ、パーマのかかり具合やカラーの色付けの効果を薄めてしまたり、髪の表面に付着する力が強いため、洗髪時やブラッシング時にキューティクルを傷めたり剥がしたりする可能性があるという見解があることも事実です。

このようなこともあり、近年はノンシリコンシャンプーに人気が出てきています。

しかし、本来、シリコンは、刺激性がなく無害とされています。毛穴に詰まって正常な代謝を阻害するかということについても多くの実験で否定されていますし、今でも頭皮にも悪影響を与えるものではないと主張する大手メーカーもあります。

様々な見解があり、シリコンが髪や頭皮に悪影響を与えると断定することは早計なのかもしれませんが、消費者のニーズに則してメーカー側もノンシリコンシャンプーへ移行しているのが現状のようです。

従って、育毛を考える場合は、ノンシリコンを選択する方が無難と言えるでしょう。

参考:ノンシリコンシャンプーは本当に有害か

ヘアパック・泡パックを推奨するシャンプーはおすすめ

最近の育毛シャンプーの中には、男性用・女性用を問わず、シャンプーの後にシャンプーの泡を数分間頭皮や毛髪に滞留させるというヘアパック・泡パックを推奨するシャンプーが増えてきました。

その目的は、滞留する時間をおくことで通常のシャンプーでは落としきれない髪や頭皮の埃や脂汚れなどを浮かせて取り除いたり、栄養や保湿成分を頭皮や毛穴から浸透させようとするものですが、シャンプーの成分を一定時間頭皮に滞留されるものなので成分に自信があるシャンプーでなければ推奨できません。

このことからも、ヘアパック・泡パックを推奨するシャンプーは、頭皮に悪影響を与える成分が極力排除されているシャンプーの目安とすることができます。

参考:泡パックを推奨する育毛シャンプー

育毛成分がしっかり配合されているシャンプーを選ぶ

頭皮に悪影響を与える洗浄成分やその他の成分が配合されていなければ、スカルプケアシャンプーとしては一応合格ラインですが、より育毛環境を整えたければ、プラスアルファで育毛を促進する成分がしっかりと配合されているシャンプーを選びます。

頭皮環境を整えて育毛の促進が期待できる成分としては、
・栄養を毛乳頭や毛母細胞に運ぶための血行促進
・頭皮環境を良好な状態に導く抗菌・殺菌・保湿
などの作用を持つものが主流ですが、近年は、これらの成分に加えて男性・女性別にその薄毛の原因に直接アプローチする成分を配合しているものも増えてきています。

男性の育毛成分

男性の場合、薄毛の原因の90%以上がAGA(男性型脱毛症)と言われています。

AGAは男性ホルモンが関係しており、主に睾丸から分泌されたテストステロンが頭皮の毛乳頭細胞に存在する5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というより強力な男性ホルモンに変換されることがトリガーとなって発症します。

AGAのこのメカニズムがある程度判明していることから、育毛剤や育毛サプリメント、育毛シャンプーといったものには、主に5αリダクターゼという酵素の働きを抑制する成分が配合されています。

この働きを持つ成分としては、
・ノコギリヤシ
・亜鉛
・オウゴンエキス
・イソフラボン
・ヒオウギエキス
・キャピキシル
などが有名ですので、これらの成分が配合されているものはより強力な育毛効果が期待できるかもしれません。

女性の育毛成分

女性の場合、薄毛の原因の殆どがホルモンバランスの乱れ(主に女性ホルモンの減少によるもの)と言われています。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、どちらのホルモンも育毛にはプラスに働いています。エストロゲンには太くて強くハリのある髪の毛を生成する作用がありますし、プロゲステロンにはヘアサイクルの成長期を延長させ、休止期を短縮する働きがあります。

しかし、加齢や更年期、過度なストレス、偏食などで女性ホルモンの分泌量が減少すると、育毛作用が抑制され、抜け毛や薄毛の原因が進行してしまいます。

このように女性ホルモンの乱れで発症する脱毛症をFAGA(女性の男性型脱毛症)とかびまん性脱毛症と言っています。

女性ホルモンに働きかける成分としては、
・イソフラボン
・ダイズエキス
・キャピキシル
などが有名ですので、これらの成分が配合されているものはより強力な育毛効果が期待できるかもしれません。

従って、育毛シャンプー選びにおいては、
男性の場合は、
・AGA(男性型脱毛症)に対抗する成分
女性の場合は、
・ホルモンバランスの乱れに働きかける成分
を配合したシャンプーを選ぶのが育毛シャンプー選びのポイントとなります。

使用感も確認

シャンプー選びには、香りや泡立ち、キシミ、洗いあがりや翌日の頭皮や髪の状態などの使用感も大切です。非常に良い成分を使ったシャンプーでも実際に使ってみると軋みが酷くて続けられなかったということは少なくありません。

また、特に髪の毛が薄い人や細い人にはボリュームアップするかどうかも気になることです。シャンプーによって翌日の髪の毛の状態は大きく変わってきますので、この点を重視してシャンプーを選んでいる方も少なくないようです。

優秀なシャンプーはこれらのポイントを極力カバーしていますが、使用感には個人差がありますので実際に使用してみるのが一番です。

これらはある程度シャンプーの評価や口コミなどでも確認することもできます。

継続可能な価格であること

アミノ酸系シャンプーは原料の関係から販売価格は比較的高くなります。さらに育毛成分などを追加配合するとその分コストがかかり、販売価格も高くなってしまいます。

非常に高価なシャンプーを選んでも継続できなければ意味がありませんので、継続が可能な価格のものを選ぶようにします。

また、価格は、成分と容量の兼ね合いで評価すべきです。

400ml:4,000円といったシャンプーもありますが、2~3ヶ月はもちますので、月額コストに換算してランニングコストを割り出します。

育毛(将来の頭髪)のために捻出する金額はひと月いくらまでと決めて育毛シャンプーやその他の育毛関連商品に投資するといった家計と照らした取り決めも大切です。

人の見かけの良し悪しや若さの判断に髪の毛は大きく影響しています。

髪はいずれ深刻な悩みになるかもしれない大切なものです。対策を後伸ばしにすると薄毛の発症が早くなり、かえって生涯コストが高くつくかもしれません。髪を製造する細胞が元気なうちに、はやめに予防・対策を打つことが重要です。

当サイトでランキング表示している、男性用の育毛シャンプーや女性用の育毛シャンプーでは、原則としてノンシリコン仕様のアミノ酸系シャンプーで、頭皮に悪影響を与える成分が極力排除されており、なおかつ 育毛成分を配合し、コストパフォーマンスに優れた育毛シャンプーを選定しています。

CMや広告に惑わされない

最近は、テレビのCMやロフトや東急ハンズなどの実店舗のシャンプーコーナーでスカルプシャンプーの宣伝・広告が多く見受けられます。

成分もまともに確認せず、CMや広告のイメージだけで安易に商品に飛びつく人も少なくありません。その結果、良質な商品が埋もれ資金力のある企業から出された商品ばかりが販売数や売上、ランキングなどで上位を独占してしまうといったことも懸念されます。

有名なシャンプーや販売数の多いシャンプーは優れた育毛シャンプーかというと、そうとは限らないのが実態です。実際に成分を確認しても頭皮に良くない成分を配合しているシャンプーも多々見受けられます。

また、CMなどに膨大な広告費をかけた分はしっかり消費者から回収されることも念頭に置いておくべきです。

育毛シャンプーに無駄なコストをかけたくなければ、その商品の広告だけにとらわれず、配合されている成分やその効果の出るメカニズム、評判や口コミなどにしっかりと目を向けることが大切です。

実際、同じような成分を配合している商品でもメーカーや業者によって商品の紹介(広告)の仕方や販売価格が全く異なったりします。

育毛シャンプー選びのポイントまとめ

以上から、育毛シャンプー選びのポイントは、
・アミノ酸系シャンプーで
・頭皮に悪影響を与えるものが極力排除されたもの
さらに、
・薄毛の原因にアプローチする育毛成分の配合されており
・継続可能な価格、使用感
です。

当サイトでは、これらのポイントで男性用・女性用別に育毛シャンプーを厳選し、ランキング形式で紹介しています。シャンプー選びの参考にして頂ければと思います。

参考:育毛シャンプーランキング