薬の副作用が気になる方へおすすめの薄毛改善方法

薬に頼らず薄毛を改善する方法

現在、AGA治療薬として発毛効果(抜け毛抑制効果)が高いとされているのは、

  • ミノキシジル外用薬
  • フィナステリド内服薬
  • デュタスリド内服薬

の3つだということをご存じの方も多いと思います。

日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017」でも、男性型脱毛症(AGA)の治療薬としては、この3つの医薬成分だけがA判定(行うよう強く勧める)とされています(但し、ミノキシジルの内服薬はD判定:行うべきではない)。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017-1

しかし、人によっては、副作用が怖いので手が出せない、または、実際に使ったり、服用したりして副作用を既に実感しているという人も少なくありません。

特に、より効果が期待できるとしてミノキシジルの内服薬を服用している場合はそうです。

身体のことを考え、できれば止めたいが、ハゲに戻るのは嫌。

そう思って悩んでいる人は少なくありません。

薬の副作用が気になる方へおすすめの薄毛改善方法

こういった薬に頼らず、薄毛を改善する方法はないものでしょうか。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017を見ていくと、次に、

  • 自毛植毛
  • LED及び低出力レーザー照射

のといったものが、行うよう勧める(B判定)として紹介してあります。

自毛植毛

自毛植毛とは、自分の後頭部などの髪の毛を薄毛部分に移植することです。

即効性があり、最も効果的ですが、手術には100万円単位の高額な費用が必要になります。

また、働いている人は術後の状態を隠すのは非常に困難という点もネックです。

LED及び低出力レーザー照射

日本ではあまり普及していませんが、おすすめなのが「LED及び低出力レーザー照射」による治療です。米国では副作用のない治療法として人気があります。

脱毛症診療ガイドラインの評価でも、LEDおよび低出力レーザーの発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、副作用も皮膚の乾燥など比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧めるとされています。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017-2

LED及び低出力レーザー照射は、男性だけでなく女性にも人気があります。

しっかりしたエビデンスもありますので副作用の問題で薬が使えない人には最も期待できる薄毛対策だと思います。

下記では、FDAの認可を取得しているLED及び低出力レーザー照射器を紹介しています。

参考:FDAの認可を取得しているHairMax

機器の価格が4万円から10万円以上と一見高価ですが、薬や育毛剤を継続する費用を考えるとそうでもないことがわかります。

キャンペーンを行っていない場合は、キャンペーンコード「HMX2016」を入力すると8%割引となります(キャンペーンをやっている場合はそちらが優先)。

まとめ

ミノキシジルやフィナステリドの使用で副作用が気になる方には、薬に頼らず薄毛を改善する方法として、

  • 自毛植毛
  • LED及び低出力レーザー照射

の2つを紹介しました。

自毛植毛は、高額で手術が必要ですので、そこまでは、という方にはLED及び低出力レーザー照射がおすすめと言えます。

薬剤の副作用に悩まされている方に人気が出てきています。

初期投資はやや高額ですが、育毛剤の継続費用を考えると決して高くはありません。副作用がなく効果が期待できますので検討してみる価値はあります。