バイタルウェーブの特徴や口コミ、成分の評価など

バイタルウェーブの特徴や口コミ、成分の評価など
バイタルウェーブスカルプローションは、話題の成分であるキャピキシルを、2018年10月現在、最も高濃度で配合している育毛剤です。

リニューアルでは、キャピキシルの配合濃度を5%から7%にアップし、加えてノコギリヤシを追加配合。

バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシルやノコギリヤシのほかにも、リデンシルや成長因子といった最先端科学の分野で注目を集めている最新スカルプ成分を高濃度で配合したスカルプローションです。

特にリニューアル後はキャピキシルを高濃度に配合する育毛剤の中では最もコスパに優れた育毛剤の一つとして人気急上昇中です。

バイタルウェーブが配合する成分

バイタルウェーブの特徴

キャピキシルを配合

キャピキシル(Capixyl)とは、カナダの化粧品メーカー「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した成分で、成長因子と植物エキスのプレミックス原料です。

・アカツメクサ花エキス(植物エキス)と
・アセチルテトラペプチド-3(成長因子)と
という成分で構成されています。

アカツメクサ花エキスに含まれるビオカニンAは、イソフラボンの一種でAGA(男性型脱毛症)の原因物質である5αリダクターゼという酵素を抑制する働きがあります。

アセチルテトラペプチド-3は、4種類のアミノ酸で構成されており、細胞外マトリックスを修復する働きや毛包の構造維持と固定力に働きがあり、育毛環境を整え、育毛を促進します。

メーカーのサイトでは、アセチルテトラペプチド-3が、医薬品であるミノキシジルの3倍の有用性があるとした臨床実験の結果が示されています。

このように、ミノキシジルにも匹敵する育毛効果があると考えられているにもかかわらず、ミノキシジルのような副作用がないのが特徴です。

参考:キャピキシルの働き

バイタルウェーブは、このキャピキシルを業界最高濃度の7%配合しています。

ノコギリヤシを配合

ノコギリヤシは、AGAの原因物質とされる5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあることがよく知られており、育毛サプリに配合される定番の成分です。

バイタルウェーブは、このノコギリヤシを2%濃度配合しています。

参考:ノコギリヤシの働き

リデンシルを配合

リデンシル(Redensyl)とは、スイスのインジュケム社が開発したスカルプケア成分で、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で構成される成分です。

毛包内にある「バルジ領域」にある幹細胞を活性化させることで育毛・発毛を促進する効果があるとされています。

参考:リデンシルの働き

成長因子の配合

成長因子とは、別名、グロースファクター(gf)とも言われ、簡単に言うと細胞を刺激して細胞分裂を促してくれるタンパク質の一種です。

そもそも、ヒトの細胞や皮膚、骨、筋肉などは「ヒト成長ホルモン」によって成長していますが、このヒト成長ホルモンを活性化する物質が成長因子です。発毛・育毛にも作用するとして、毛髪の再生医療でもこの成長因子が活用されています。

成長因子には様々なものがありますが、バイタルウェーブは、
・IGF
・EGF
・FGF
といった成長因子を配合。

IGFは、細胞の増殖を促し、ヘアサイクルの成長期を延長させるよう働きかけ、EGFは、表皮細胞に増殖のシグナルを出して細胞の新陳代謝・ターンオーバーを促進。また、FGFは、血管を新しく作り出して毛髪の成長を促進する作用が期待されています。

参考:成長因子の働き

プラセンタの配合

プラセンタには更年期障害や肝機能を改善する効果があるとして医療の分野でも50年以上前から活用されていますが、プラセンタには、成長因子が含まれており、抜け毛・薄毛予防にも効果があることがわかってきています。

プラセンタの製造メーカーであるスノーデン社によるラットの実験によれば、プラセンタエキスの中には、DHTの作用を抑える働きと、アンドロゲンレセプターの産出量を減少させる働きがあることが示されており、毛髪の再生医療でも活用されています。

参考:プラセンタの働き

浸透力にも配慮

バイタルウェーブは、スカルプ成分を頭皮の奥まで届ける技術(C.I.P設計)を採用。浸透力にも配慮しています。

C.I.P設計とは、独自の浸透ブースターが肌バリアをすり抜けて硬化する頭皮の角質層へのアプローチを可能にしています。そして、頭皮の奥までしっかりと浸透させたら、肌の表面にごく薄い膜を作り、スカルプ成分の蒸発を防ぎます。

バイタルウェーブの口コミ

バイタルウェーブの口コミとしては、

スポイト方式は衛生的で使いやすいです。実際に使うと使い心地がいいし、爽快感があり頭皮がすっきりします。使う前はよく振った方がよさそうです。
「キャピキシル 育毛剤」でググって比較サイトで見て買ってみました。使い始めてすぐは頭皮に痒みを感じましたが、すぐに痒みは無くなりました。
無臭ではありませんが、嫌いなニオイではなくこれだったら続けられます。スポイトは最初は慣れないせいか使い辛かったのですが慣れてくるとピンポイントで塗布でき、適量が測れて便利です。
キャピキシルを配合している他の育毛剤で効果が確認できたので少しお安いこちらに乗り換えです。以前の液体はトロミがありましたが、バイタルウェーブはサラっとしている感じで液ダレがして若干使い辛いです。
使い始めて1か月ぐらいですが以前より髪にコシが出てきたように思います。効果が出てくるのが楽しみです。
現状維持と抜け毛の予防のために定期で続けています。シャンプー時の抜け毛が減り、髪の毛に元気が出てきた気がします。
キャピキシルは、ミノキシジルの3倍の効果が期待できるということを知り、使ってみることに。まだ使い始めて2か月ほどですが、髪が太くなってきている感覚があります。さらなる効果を期待して半年は続けてみます。
加齢のせいか髪の毛が細くなってきて生え際も少し後退してきました。リアップは肌に合わず、ネットで探していたらキャピキシルという成分に。生え際を中心に2ヶ月に1本使ってますが、生え際に髪の存在感が出てきています。
使ってみて1ヵ月経ちましたが、髪を乾かしている時の感触が明らかに変わってきています。かなり高いですが続けたいと思います。
2本使いきった時点での感想です。はっきりいってあまり効果が感じられません。やはりAGA治療薬に頼るしかないのでしょうか。

※口コミや評価は、あくまで個人の感想であり効果を保証するものではありません。

といった意見があります。

尚、上記の口コミは、リニューアル前の5%濃度の時のものが殆どです。リニューアルして進化した後の口コミは随時追加していきます。

編集部からのコメント

評価: 4バイタルウェーブスカルプローションはキャピキシル5%配合の育毛剤の中でも最安値でしたが、今回(2018年9月)のリニューアルでキャピキシル7%濃度にバージョンアップし、ノコギリヤシも追加配合したにもかかわらず、価格は据え置き。つまり最安値を支持しています。

さらに、キャピキシル育毛剤としては低価格の8,000円前後で手にできる定期コースも、いつでも停止(キャンセル)が可能。つまり1回でも止めることができますので、迷うことなく定期コースがおすすめです。

キャピキシルを配合した育毛剤にはDeeper3Dやザ・スカルプ5.0cといったものがありますが、キャピキシルを7%配合しているのは2018年10月現在バイタルウェーブだけです。価格も他のものと比較して安いのでキャピキシル育毛剤としておすすめです。

バイタルウェーブの価格・内容量・成分

価格 単品お試し価格:11,880円
定期コース:8,200円
※継続3回目から8,080円、7回目以降からは7,980円
3本まとめ買い:25,200円
以上、税込・送料・手数料無料
内容量 60ml(約1ヶ月分)
成分 水、エタノール、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、ソウパルメット果実エキス、PG、ヒトオリゴペプチド-1、ヒトオリゴペプチド-13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31、プラセンタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ガゴメエキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、1,2-ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、キサンタンガム、塩化亜鉛、ココイルサルコシンNa、コレステロール、水添レシチン、フェノキシエタノール
支払方法 クレジットカード、代金引換、コンビニ後払い
販売業者 株式会社セラピュア