エクオールで抜け毛・薄毛を改善

エクオールで抜け毛・薄毛を改善

ここでは、話題の成分エクオールとは何か、またエクオールに期待できる抜け毛・薄毛改善効果について解説します。

エクオールとは?

大豆や豆乳、豆腐、納豆などの大豆製品には、大豆イソフラボンというポリフェノールが含まれています。

エクオールは、これらの大豆製品(大豆イソフラボン)を摂取した時に、体内に存在する腸内細菌の力で生成される成分です。

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造をしており、加齢や更年期などで減少したエストロゲンを補い、更年期症状の緩和や骨密度を維持する効果、また月経周期の乱れを改善する効果などがあるとされています。

イソフラボンは、育毛に関しても、丈夫で艶のある髪を育成する働きや、AGA(男性型脱毛症)の原因物質である5αリダクターゼの働きを阻害して抜け毛を抑える働きがあると言われており、男性用・女性用を問わず多くの育毛サプリメントに配合されています。

このように、イソフラボンには更年期症状の緩和や骨密度を維持する効果、抜け毛を抑えて薄毛を改善する効果などがあることが知られていますが、近年の研究で、イソフラボンから体内で作られるエクオールにこそそういった作用が大きく関係しているとの見解が出てきています。

エクオールのチカラはテレビでも放送され、話題になっています。

エクオールは2人に1人しかつくれない

エクオールは、体内に存在する腸内細菌(エクオール産生菌)の力でイソフラボンの一種であるダイゼインから生成される成分ですが、残念なことにみんながみんなこのエクオール産生菌を持っている訳ではないことが明らかになっています。

従って、腸内細菌にエクオールを生成させるエクオール産生菌がいなければいくらイソフラボン(ダイゼイン)を摂取してもエクオールは生成(代謝)されることなくそのまま体内に吸収されてしまいます。

腸で作られるエクオール

そして、エクオールを生成させる細菌(エクオール産生菌)をもっている人の割合は日本人の場合、およそ50%弱(二人に一人)だと言われています。

勿論、男性も女性も作れますが、この割合は住んでいる地域や年代でも異なっています。これは、地域ごとの食分化や世代別の食生活の違いによるものだと考えられています。

エクオールの働き

大豆製品(大豆イソフラボン)を摂取した時に、体内に存在する腸内細菌の力で生成されるエクオールには、
・女性ホルモンに似た働きをするエストロゲン様作用
・エストロゲンが過剰な時にその作用を抑える抗エストロゲン作用
・身体のさびを抑制する抗酸化作用
などがあり、 特に、
・更年期症状・障害の軽減
・骨粗しょう症の予防と改善
・メタボリックシンドロームの予防
・しわやたるみの改善
・脂質代謝改善
などの働きがあるほか、
・男性ホルモンのアンドロゲンの働きを抑える抗アンドロゲン作用
があり、AGAによる男性の脱毛やFAGA(女性の男性型脱毛症)による女性の脱毛を予防したり改善したりする働きがあると考えられています。

特に、男性においては前立腺がんのリスクが低下するという研究報告も出されています。

エクオールで抜け毛・薄毛を改善

これらのことから、摂取したイソフラボンからより高いエストロゲン活性を持つエクオールを産出することができれば、抜け毛・薄毛予防や発毛・育毛にもより高い効果が期待できることが推測されます。

エクオールの抜け毛・薄毛予防作用

男性の薄毛の原因の90%以上とも言われるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンであるテストステロンと毛乳頭に存在する5αリダクターゼが結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)という、より強力な男性ホルモンが生成されることで発症します。

エクオールの育毛作用

DHTは、アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)と結合して脱毛因子を発生させますが、エクオールには、
・DHTにかわる酵素(5αリダクターゼ)をブロックする
・DHTを受容体(アンドロゲンレセプター)に結合させない
といった効果があると考えられていますので抜け毛・薄毛の予防・改善が期待できます。

女性だからと言って関係がない訳ではありません。

女性の場合も男性ホルモンが存在し、加齢やストレスなどで女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが優位になり、上で解説したメカニズムと同じような流れで抜け毛・薄毛が進行する場合があるのです。

この症状を男性のAGAに対してFAGA(女性の男性型脱毛症)と呼んでますが、産後脱毛症も出産後に女性ホルモンの分泌量が急激に減少することで発症されますのでおなじようなメカニズムになります。

いずれのケースも女性ホルモンの減少が主な原因の一つです。

従って、エクオールの力で女性ホルモン(エストロゲン)の減少を直接補うことができれば、抜け毛・薄毛を抑制させることが期待できます。

エクオールサプリで抜け毛・薄毛対策

日本人の場合、豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品からイソフラボンを摂取しても二人に一人がエクオールを体内で生成できないと言われているのは前述したとおりです。

いくら大豆製品を摂取してもエクオールの恩恵を受けることができる人とそうでない人がいるということです。

そこで活用したいのがエクオールをそのまま配合したサプリメントです。

これまでは、イソフラボンサプリが主流でしたが、近年、エクオールをそのままサプリメントに配合するものが販売されるようになってきました。

体質に関係なくエクオールを直接摂取できるとして話題を呼んでいます。

研究によれば、有意な効果が期待できるエクオール摂取量の目安は、1日10mgほどと考えられています。また、長期間摂取することで実感率も増加すると言われています。

エクオールによるお悩み改善実感率

おすすめのエクオールサプリ

ここでは、おすすめのエクオールサプリを紹介しています。おすすめするポイントはエクオールの配合量とエクオールの働きを助ける追加成分です。

尚、ここでは、副作用が懸念されるプエラリア(プエラリア・ミリフィカ)を配合していないエクオールサプリを紹介しています。

エクオール+ラクトビオン酸

エクオールサプリで育毛促進

エクオール+ラクトビオン酸は、1日量3粒中に10mgのエクオールを配合しています。エクオールの働きをサポートする働きのあるラクトビオン酸を追加配合している点がおすすめポイントです。

エクオール研究の専門医との共同開発ですので品質も信頼できます。

定期便ですが、合計○回以上購入といったのルールは一切なく、1回でも解約OKなので安心して申し込むことが可能です。

参考:エクオール+ラクトビオン酸の詳細

キレイ・デ・エクオール

キレイ・デ・エクオールは、1日2粒でエクオールの摂取目標10mgを取ることができます。その他にも乳酸菌1,000億個、食物繊維等が腸内環境を整えます。コストパフォーマンスにも優れおすすめです。

参考:キレイ・デ・エクオールの詳細

エクオールは、女性ホルモンのバランスの乱れで悩みがある方や女性特有の「ゆらぎ」を抱える方々の健康と美容をサポートするだけでなく、男性・女性を問わず抜け毛・薄毛予防、育毛促進としても期待できる成分です。

現在のところ、エクオールを配合している育毛シャンプーなどは見当たりません。また、育毛サプリは、現在のところイソフラボンを配合しているものが主流ですが、近い将来、エクオールの配合が主流になることが予想されます。

参考:育毛サプリメント ランキング

まとめ

様々な健康効果をはじめ、抜け毛や薄毛対策にも有効と考えられているエクオールですが、このエクオールを生成させることができる体質の人はおよそ二人に一人です。

この体質の違いでイソフラボンを摂取した際の健康効果にも差がうまれ、エクオールを生成できる人の方がより高いエストロゲン活性を持ち、従って、より高い健康効果や抜け毛や薄毛の予防・改善効果も期待できることがわかってきています。

自分がエクオールを作れる体質かわからない場合でもサプリメントから摂取することで、確実にエクオールの恩恵を受けることができます。