ローションタイプ(塗るタイプ)のフィナステリド

ローションタイプ(塗るタイプ)のフィナステリド

ここでは、頭皮に塗布するタイプ(ローションタイプ)のフィナステリドについて解説します。

フィナステリドの働き

フィナステリドは、米国の医薬品メーカーであるメルク社が開発した抗アンドロゲン剤です。

もともとは、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、治療時に副作用として発毛効果が確認できたことから発毛剤として用途が広がりました。

日本では、MSD社(旧:万有製薬)が販売するAGA治療薬プロペシアが有名ですが、フィナステリドはプロペシアの有効成分です。

フィナステリドはAGAにどう作用するか

男性の抜け毛・薄毛の原因としてその90%以上を占めると言われているAGA(男性型脱毛症)は、DHTという悪玉男性ホルモンが産出されることで発症します。

フィナステリドはAGAの元凶となるこのDHT(ジヒドロテストステロン)を産出する5αリダクターゼという酵素の働きを抑制してDHTの量を減らすことで脱毛を阻止します。

5αリダクターゼの働きを阻止するフナステリド

ミノキシジルが血行を促進したり血管を新生したりして髪の毛を太く元気に発毛させる働きがあるのに対して、フィナステリドはAGAによる抜け毛を抑制する働きがあるのが特徴です。

逆にAGAによる薄毛でない場合はフィナステリドは効果を発揮できません。

例えば前頭部のM字生え際部分が後退していくのは、生え際部分に5αリダクターゼという酵素が沢山存在している訳で、フィナステリドによる5αリダクターゼの抑制が働かなければ進行を抑制することは困難です。

このようなことから、AGAクリニックによるAGA治療ではフィナステリドとミノキシジルの双方が処方されるのが一般的です。両者の働きでAGAにおける抜け毛を抑え、発毛を促進するという攻めと守りの働きを活用します。

フィナステリドの副作用

しかしながら、長期間にわたりこれらの薬剤を服用すると副作用のリスクが高くなるのも事実です。フィナステリドの副作用の発現率はさほど高くないと言われているものの性欲減退をはじめ、勃起障害(ED)、うつ、肝機能障害といった重篤な副作用も報告されています。

参考:フィナステリドの副作用

副作用の発現率はいずれも1~2%とされていますが、長期に及ぶ服用の場合は、これらの発現率も大きくなります。

とはいえ、購入当初は副作用の情報もあまりなく、すでに長期に渡って服用し、現在副作用でお悩みの方も多いのではないかと思います。

フィナステリドは薄毛の進行を抑えているだけで根本的な治療をする訳ではないので止めれば髪の毛は元に戻ってしまいます。

かといって、続ければ副作用で取り返しのつかない事態にもなりかねません。

そこで、こういった場合は、

・フィナステリドの服用する量を減らす
・比較的副作用の心配が少ない外用タイプに変える

といった検討がなされます。

塗るタイプのフィナステリドはあるか

フィナステリドはプロペシアに代表されるように、服用するタイプが主流で、成分の配合量は、1粒1mg配合タイプが主流です。

しかし、例えば、0.2mgを服用した場合は、1mgと比較して副作用のリスクが低減するにもかかわらず、効果はさほど変わらないという実験結果もありますので副作用を減らしたい場合は、服用量を少なくすることも有効です。

プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg

0.2mgタイプは、現在のところクリニックで処方してもらうしかないようですが、1mgの粒をピルカッターなどで分割して飲む方法もあります。粒も小さいので2つに割って飲むというのは副作用面からもおすすめです。

尚、女性や子供などの家族がいる場合は、薬成分の飛散に気を付ける必要があります。

そしてもう一つ、副作用を抑える方法として、服用タイプから外用タイプに変えるという方法があります。

直接体に摂り入れるのではなく、リアップ(ミノキシジル)のように塗布するローションタイプのフィナステリドがあれば、副作用も軽減されるはずです。

この点については、2019年9月現在、個人輸入でローションタイプのフィナステリドを取り扱っているところもあるようです。

但し、この手の商品はすぐに取扱い中止になるものが多いため品質には要注意です。

尚、ミノキシジルはローションタイプも充実しているのに、フィナステリドのローションタイプが少ない理由は不明です。一説にはフィナステリドはローションタイプでは効果が期待できないためといった説明も見受けられますが、定かではありません。