うるおってシャンプーの口コミや成分の評価を解説します

うるおってシャンプーの特徴と口コミ、成分の評価など

うるおって(uruotte)シャンプーは、東急ハンズで人気の無添加アミノ酸シャンプー。アミノ酸シャンプーのパイオニア的な存在のシャンプーでシリーズ累計40万本の販売実績があります。

健康的な頭皮環境の維持に必要な潤い(保湿)を有機栽培のオーストラリア産オーガニックホホバオイルで実現しています。

うるおって(uruotte)シャンプーは、赤ちゃんからご年配の方まで、また男性・女性を問わず家族みんなで使えるスカルプケアシャンプーです。

うるおってシャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーのパイオニア的な存在

シャンプーの品質を決めるもっとも大事な成分は、水の次に配合されている「主な洗浄剤(成分)」です。

アミノ酸シャンプーを謳っているものであっても、費用をおさえるため、石油系洗浄剤(ラウリルやラウレス硫酸系・スルホン酸系)や石けんを主成分として、アミノ酸洗浄剤はわずか、というシャンプーもあります。

こういった「アミノ酸配合シャンプー」は、石油系・高級アルコール系洗浄剤を配合していない純粋な「アミノ酸シャンプー」とは性質が異なります。

その見分け方は、シャンプーボトルなどに記載してある成分表を確認し、水の次に配合されている主な洗浄成分をチェックすることで見分けることが可能です。

本当のアミノ酸シャンプーとは?

医薬部外品ではなく、普通の化粧品扱いのシャンプーは全成分を配合量が多い順に表示することが義務づけられています。

殆どの場合は、最も多いのが「水」、その次から「洗浄成分」が続きますので、水を含めて最初から3~4番目に表示されている成分が主な洗浄成分と言うことができます。

従って、成分表の最初から3~4番目までに
・グルタミン
・タウリン
・アラニン
・グリシン
・サルコシン
などの文字が入った成分であれば、アミノ酸系洗浄成分を主成分としたシャンプーということができます。

逆に成分表の始めの方に「硫酸」の文字があったら要注意です。アミノ酸配合シャンプーとしていても石油系洗浄成分を混ぜている可能性があります。

石油系や石鹸系の洗浄成分は脱脂力が強く、刺激も強いため良好な頭皮環境を維持したい場合や、育毛を考えたい場合はできれば避けたい成分です。

本当のアミノ酸シャンプーかどうか見極めて使いたいものです。

アミノ酸シャンプーは頭皮に優しく、保湿力もあります。低刺激でカラーやパーマも長持ちする傾向があります。

99%が植物由来成分

うるおって(uruotte)は、99%が植物由来成分。髪や頭皮のコンディションと同じ弱酸性で、天然ヤシ油由来の低刺激なアミノ酸系洗浄剤が主成分です。

アミノ酸洗浄剤は、適度な洗浄力で、髪や頭皮に必要な栄養や油分は残しますので、お肌の弱い方、乾燥肌の方、頭皮ケアをめざす方にオススメです。

頭皮に優しく低刺激なのがこのシャンプーの特徴です。

特に髪と頭皮に潤いを与え、頭皮環境を改善したい、髪にハリやコシを持たせてボリュームアップを図りたいという女性に最適なシャンプーです。

さらに和洋漢の植物エキスが18種類も配合されており、99%が植物由来成分とあって、アトピーにも良いという口コミもあります。

オーガニックホホバオイルで保湿

頭皮トラブルで最も多いのが乾燥によるトラブルだと言われています。

頭皮が乾燥して角質層の水分量が低下すると皮脂やセラミドなどによる保湿機能が低下し、肌のバリア機能が下がります。

肌のバリア機能が下がると、細菌やウィルス、紫外線などの外敵からの刺激に弱くなり、荒れやすく敏感な肌になってしまいます。

その結果、頭皮に痒みやフケが出たり赤くなったりカサついたり、フケやかゆみ、湿疹などの頭皮の悩みが増え、髪にもハリやコシがなくなりがちになったりと様々なトラブルが発生し、育毛にも悪影響を及ぼしてしまいます。

健康な髪の育成に大切な頭皮のうるおいですが、頭皮の水分量や皮脂分泌は、40代で20代の半分以下と、加齢とともに減っていきます。

うるおって(uruotte)シャンプーには、髪と頭皮を乾燥から守り、皮脂バランスを整えるために、オーストラリアの契約農家で有機栽培されたオーガニックホホバオイルを直輸入し、たっぷり配合しています。

贅沢に配合したオーガニックホホバオイルで、ノンシリコンでもしっとり美容液のような洗い心地を実現。リンスやコンディショナーが不要なノンシリコンシャンプーです。

じっくりマッサージしながら洗髪することで、毛穴の皮脂づまりを防ぎながらシャンプーだけでしっとり洗いあげます。

オーガニックホホバオイルが、皮脂バランスを整え、髪と頭皮に潤いを与え、健康な頭皮に導きます。リンス要らずでしっとり洗えるのも、ホホバオイルのおかげです。

関連記事

ここでは、市販されているオーガニックシャンプーの中から、成分や口コミ、価格などを比較して、おすすめのオーガニックシャンプーをランキング形式で紹介しています。オーガニックシャンプーとは?オーガニックとは、「有機」という意味で、[…]

オーガニックホホバオイルの特徴

18種類の和洋漢植物で健康な頭皮へ

和洋漢植物のオタネニンジン、センブリ、カンゾウ、オウバク、さらに オーガニックのセージ葉エキス、ローズマリー葉エキスなど、合計18種類の自然の恵みで、フケやかゆみをはじめ、様々な頭皮トラブルから守り、頭皮へよりパワフルに働きかけます。

こだわりの無添加

石油系界面活性剤や着色料、合成香料・旧指定成分・シリコンなど無添加シャンプー。

無添加やオーガニックのナチュラルなシャンプーは、頭皮へのやさしさが特徴です。もともと肌が弱い方や、頭皮トラブルをかかえる方、これから頭皮を大切にしたいと考える女性の方々などにもオススメです。

うるおってシャンプーの口コミ

うるおってシャンプーの口コミとしては、

泡立ちがよく、洗い上がりもベタつき感がなくサッパリしている。トリートメントなしで済むので大変助かっている。
香りもお気に入りでリラックスできます。髪のパサつきや地肌のかさつきもなくなりました。
乾燥している時期はすぐに頭皮が痒くなっていましたが、このシャンプーを使うと痒みが殆んどなくなります。
細くなった毛髪が元気を取り戻したように感じる。抜け毛がぐぐぐっと減ったようです。
今までのシャンプー、リンスでは背中や首すじにプツプツとできものができていまいたが、うるおってシャンプーに変えてプツプツがなくなった。
敏感肌やアトピー肌にも良いと聞いて購入してみることにしました。
今まで使用していたサロン専売用のシャンプーがインターネットで買えなくなり、東急ハンズで買えるこちらにかえてみました。今のところ問題ありません。
洗髪時もドライヤー時も抜け毛が減り気にならなくなってきた。シャンプーの次の日に髪がふわんふわんになるのも嬉しい。。
泡立ちはわりと良かったですが、以前使っていたシャンプーと特別な変化も感じられず、価格も少し高めなので今のところリピートはないです。
乾燥肌で悩んでいたがうるおっては、保湿性が高く潤いがあるため手放せなくなりそうです。

※口コミや評価は、あくまで個人の感想であり効果を保証するものではありません。

といったものが目立ちました。

尚、シャンプーには無香料タイプとアロマ香り付タイプの2種類があります。

編集部からのコメント

評価: 3.5うるおってシャンプーの主成分として使用されているココイルグルタミン酸TEAは、もっとも刺激が弱いアミノ酸系界面活性剤の一つです。低刺激で毒性や副作用の心配も少なく、欠点が少ない成分として比較的古くから使用されています。また「うるおって」というシャンプー名の由来となったホホバオイルは、契約農家で有機栽培されたもので、肌とのなじみが良く、毛穴の皮脂詰まりを防いだり、皮脂バランスを整える役割も期待でき、ノンシリコンでもリンスやコンディショナー要らずでしっとり髪と頭皮に潤いを与えます。シャンプータイムに頭皮マッサージを加えるのもおすすめです。余分な皮脂を取り除くだけでなく血行の促進にも役立ちます。低刺激で保湿効果も高いため肌の弱い方や赤ちゃん、お子様にもおすすめのシャンプーです。

うるおってシャンプーの価格・内容量・成分

価格通常購入:2,592円(税込:送料無料)
定期購入:2,160円(税込:送料無料)
内容量260ml(約2ヵ月分)
主成分水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドDEA、ホホバ種子油、グリチルリチン酸2K、オウバクエキ ス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、アルニカ花エ キス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、ポリク オタニウム-10、BG、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール
販売
業者
株式会社クィーン