敏感肌でも安心!刺激が少ない低刺激シャンプーおすすめランキング

低刺激シャンプーおすすめランキング

近年はスカルプシャンプーブームで頭皮に極力刺激を与えず優しく洗い上げるシャンプーが人気です。

ここでは、低刺激シャンプーとは具体的にどういったシャンプーなのか、また、低刺激シャンプーの選び方やおすすめの低刺激シャンプーなどを紹介しています。

低刺激シャンプーとその効果は?

低刺激シャンプーとは

低刺激シャンプーとは文字通り、頭皮への刺激が低く、肌に優しい成分を配合したシャンプーのことです。敏感肌の人や乾燥肌の人は頭皮のバリア機能が低下する傾向にあり、外部がらの刺激に対して抵抗力が弱くなっています。

そういう人達が刺激の強いシャンプーを使うと余計に頭皮環境を乱してしまい、痒みや湿疹、炎症や赤み、フケなどの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなり、髪の毛の発育に影響を与えてしまいかねません。

酷い場合は、抜け毛や細毛の原因となってしまう場合もあります。こういった場合は、低刺激シャンプーを使うことで頭皮環境を正常に導くことが可能となります。

低刺激シャンプーの効果

特に低刺激だからといって主だった効果がある訳ではないのですが、刺激の強いシャンプーと相対的に比較すると、頭皮トラブルのリスクが低くなるということで、髪の毛の生えやすい頭皮環境を作ることができます。

多くの場合、毎日使うものですので健全な頭皮環境を維持するには継続して頭皮に優しいシャンプーを使う方がいいに決まっています。

低刺激シャンプーの選び方

シャンプーは一般的に水と洗浄成分、その他の成分で構成されています。

その中でも要は埃や皮脂汚れを落す洗浄成分です。低刺激のシャンプーとは、この洗浄成分が低刺激のものを選ぶのが最も重要なポイントです。

低刺激な洗浄成分であるアミノ酸系シャンプーを選ぶ

洗浄成分には、アミノ酸系や石鹸系、高級アルコール系洗浄成分といったものがあります。このうち、スーパーやドラッグストアなどで安価で大量に販売されているものが、高級アルコール系洗浄成分を使ったシャンプーです。

高級アルコール系の洗浄成分は、洗浄力が強く、頭皮の皮脂をサッパリ洗い流します。洗い上がりは気持ちよく爽快感があるため、近年のスカルプシャンプーブームが到来するまでは、市販されている殆どのシャンプーの洗浄成分として配合されていました。

しかし、ラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなど硫酸系の洗浄成分である高級アルコール系洗浄成分は、洗浄力が強いと同時に刺激が強く、肌が弱い人や敏感肌の人が使用すると痒みや湿疹など肌トラブルの原因になる可能性があるとされています。

石鹸系は、弱アルカリ性で肌への刺激が少ないのですが、洗浄力(脱脂力)が強いので頭皮の乾燥を招き、結果として頭皮のバリア機能を弱めて外部からの刺激に弱い頭皮環境となるリスクが高くなります。

そこで、近年、ヘアケアブームで人気が急上昇してきているのがアミノ酸系洗浄成分をメインで配合したアミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系洗浄成分は、若干洗浄力が弱いという特徴がありますが、頭皮には優しく刺激が少ないのが特徴です。

LOFTや東急ハンズなどのスカルプシャンプーコーナーで販売されているシャンプーなどからもわかるように、育毛シャンプー、スカルプシャンプーというものの殆どがこのアミノ酸系の洗浄成分を配合しています。

そこで、低刺激のシャンプーを選ぶ重要なポイントの一つが洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーを選ぶということになります。

特にベビー用シャンプーなどに配合されているココイルグルタミン酸TEAやココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタインなどの洗浄成分をメインで配合しているものがおすすめです。

但し、このような成分を配合していてもサブ的に高級アルコール系成分を配合しているものも多く見られますので注意が必要です。

アミノ酸系シャンプーは原料が高いため原料の安い高級アルコール系のシャンプーと比較すると販売価格が若干高くなりますが、頭皮環境を考える場合はアミノ酸系シャンプーを選ぶのがおすすめになります。

添加物にも注意する

もう一つ、シャンプーを選ぶ際に注意すべき成分があります。よくCMなどでも着色料・香料は配合していませんといったものを目にしますが、これは、頭皮環境に悪いものは配合していません、という宣伝文句の一つです。

これらは、化学成分で構成されており、少なくとも頭皮環境にプラスの影響を及ぼすものではありません。色も香りも見た目やニオイには重要ですが、頭皮には全く関係のないものです。

害がなければ問題ありませんが、化学成分であれば少なからず頭皮に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。

このような成分は、使用感として重要な部分なのである程度成分でカバーしなければなりませんが、極力植物エキスなどの天然成分でその役割を担っているものがおすすめです。

着色料や香料などのほかにもよく使われる添加物には、
・シャンプーの質を保つために配合されるパラベンなどの防腐剤
・肌を保護するために配合される鉱物油
・紫外線吸収剤
などがあります。

シャンプーの品質を安定させるエタノールやアルコールなども肌を引き締める収れん作用や乾燥させる働きなどもあため肌に合わない方は注意が必要です。

低刺激のシャンプーを選ぶ際にはこういった添加物が極力配合されていないもの、代替え成分として植物エキスや天然成分が使われているものを選ぶのがポイントです。

頭皮に優しいヘアケア成分の配合

馬油やホホバオイル、アロマオイル、アルガンオイル、ボタニカルオイルといった天然のオイル成分は、敏感肌の方や頭皮が乾燥しやすい方にも適した成分ですので、これらを配合したシャンプーもおすすめです。

低刺激シャンプーのランキング

  • SORAスカルプシャンプーGOLD
    5

    SORAスカルプシャンプー

    洗浄成分よりプラセンタエキスの配合量が多いというシャンプーの常識を超えた育毛シャンプーです。プラセンタは、薄毛治療・再生医療としても活用されている成分で、薄毛対策にも有効です。リニューアルではキャピキシルという話題の成分を追加配合しています。洗浄成分も低刺激でアレルギーも少ないコカミドプロピルベタインをメインで配合。保存料や防腐剤が入っていない天然無添加の生シャンプーです。

    容量

    200ml(約1~2ヶ月分)

    価格

    定期購入:6,800円 初回:4,800円

  • チャップアップシャンプー
    4

    チャップアップシャンプー

    育毛シャンプーとしても人気の高いチャップアップシャンプーですが、低刺激シャンプーとしてもおすすめです。アミノ酸シャンプーとアピールしているものでも石油系・高級アルコール洗浄剤が混ざっている場合が多い中、チャップアップシャンプーは石油系洗浄剤を一切使わず、安全性の高いベタイン系の洗浄剤をベースに5種類のアミノ酸洗浄成分でまとめています。勿論、シリコンや鉱物油、合成着色料、石油系洗浄成分、サルフェート(硫酸)、パラベン(防腐剤の一種)など余計なものは一切使用していません。

    容量

    300ml(約1~2ヶ月)

    価格

    定期購入:3,280円

  • うるおってシャンプー
    4

    うるおってシャンプー

    うるおってシャンプーは、アミノ酸シャンプーのパイオニア的な存在のシャンプーです。健康的な頭皮環境の維持に必要な潤いを有機栽培のオーストラリア産オーガニックホホバオイルで実現しています。うるおってシャンプーは、99%が植物由来成分。髪や頭皮のコンディションと同じ弱酸性で、天然ヤシ油由来の低刺激なアミノ酸系洗浄剤が主成分です。赤ちゃんからご年配の方まで、また男性・女性を問わず家族みんなで使えるスカルプケアシャンプーです。

    容量

    400ml(約2ヶ月分)

    価格

    定期購入:4,666円

  • マイナチュレシャンプー
    4

    マイナチュレシャンプー

    8種類のオーガニック成分と28種類の頭皮ケア成分(植物成分)を配合。シルク由来のアミノ酸洗浄成分を配合した頭皮に優しいシャンプーです。石油系・高級アルコール系の界面活性剤やシリコンのみならず、頭皮環境に悪影響を及ぼす可能性のある合成香料や着色料、鉱物油、パラベン、合成ポリマー、タール系色素、紫外線吸収剤、サルフェートなど頭皮環境にマイナスとなる成分も一切使用していません。

    容量

    200ml:約1ヶ月分

    価格

    定期購入:2,704円

  • ハーブガーデンシャンプー
    4

    ハーブガーデンシャンプー

    ハーブガーデンシャンプーは、天然成分100%で作った女性用のボタニカルシャンプーです。植物エキスと高保湿成分で頭皮をケアします。メインの洗浄成分として配合されているラウロイルメチルアラニンNaという成分は、低刺激で安全性が高く、泡立ちも良い成分です。

    容量

    300ml:約2ヶ月分

    価格

    さくらの森シャンプー:2,000円

低刺激シャンプーとはどういうものか、低刺激シャンプーを選ぶ場合のポイントなどを解説してきました。

低刺激シャンプーは、薄毛対策の育毛シャンプーの洗浄成分としてもベースとなっているように、頭皮に余計な刺激を与えないため肌トラブルになりにくく、頭皮環境を良好な状態に保ち、髪の毛が生えやすい環境を作るとしておすすめのシャンプーです。

尚、低刺激のシャンプーとはいえ、いくらかは頭皮に刺激のある化学成分は入っているものもあるため、シャンプーの仕方にも注意が必要です。

参考:女性の薄毛対策には女性用の育毛シャンプー

正しいシャンプーの仕方を参考に泡で優しく洗い上げるようにしましょう。